乾燥から始まる肌トラブル対策に、アクセーヌが追求した「浸透力」と「持続性」

プロフィール写真

ふみっちー

ネコとオペラと美味しい時間が好き。

乾燥のスパイラルから敏感肌へのリスクが向上!?

今秋は、持続する保湿に注目ですよ!

皮膚科専門医との連携で、1970年代にスタートしたアクセーヌ。以来、単なる敏感肌ブランドではなく、時代ごとに複雑になってきた肌環境、肌トラブルに合わせた製品開発を手掛けてきています。

 

そしてこの9月に、約4年ぶりとなる新製品が登場! まさに現代女性が抱える、乾燥悩みに応える新保湿化粧水なんですよ。

アクセーヌ1

約40年にわたって敏感肌、不安定肌を研究し続け、「潤い」こそ肌力の原点と考えているアクセーヌ。現代女性の肌は、乾燥から肌トラブルが起こりやすく、バリア機能が低下することで「敏感肌」スイッチが入りやすい状態であると言います。

 

うんうん、わかります。敏感肌に悩まされるようになったふみっちーも、乾燥こそ美肌の大敵!とひしひしと実感しています。

アクセーヌ2

今回の新製品開発にあたり、こだわったのはスキンケアの保湿持続性だとか。朝の保湿ケアの効果が「夕方や夜の洗顔まで」持続して欲しいと願う声に対して、実際は「昼頃まで」と3〜4時間しか持続していないことに着目したんですって。

アクセーヌ4

そこで重要視したのが、「浸透力」「持続性」。まずは、潤い力と保持力に優れた保湿成分を厳選。保湿成分の一つである持続型アクアフィーダーは大量の水分を抱え込むことができるオイルで、角質層に入り込んで水分を補給します。アクセーヌ3

また、この保湿成分を効率的に深部まで届けるために、配合量や比率に徹底的にこだわり、「超微細ナノカプセル化技術」を採用したそう。その大きさは、一般的なナノカプセルがハンドボールくらいに対してビー玉くらいと、業界最小レベルを実現させたというのですから、これはスゴイことですよ。

 

こだわりのアプローチは、次のページにも続きます。

第76回
乾燥から始まる肌トラブル対策に、アクセーヌが追求した「浸透力」と「持続性」

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge

コメント

コメントを投稿する

コメントを投稿する

post date*

ニックネーム
コメント
To Top