「ホルモン変化」と「肌」との密接な関係って? ポーラの新しいアプローチに注目です

プロフィール写真

ネコとオペラと美味しい時間が好き。

ホルモンの減少を食い止めるのは至難の業ですが

毎日のスキンケアで活性化できるのなら♪

私たち世代にぴったりな新ブランドの登場です!

突然ですが、あなたは年齢よりも若く見えるタイプ? それとも…。

 

若く見えるか老けて見えるかは、ファッションなどパッと見の印象もありますが、肌も大きく関係していますよね。

ALLU2

「私たちの体内には100種類以上のホルモンがあると言われていますが、その中でも肌に影響を与えているのが、女性ホルモン成長ホルモンです」とは、ポーラ研究所 肌分析研究室 室長の多田明弘さん。

 

 

女性は特にダイナミックなホルモン変化があり、40代以降になるとこの2つのホルモン量がグンと減少。その影響から、特に40代後半から50代は最も肌がゆらぎやすいタイミングなのだとか。まさにOurAge世代ですよ。

ALLU3

しかし、 同じように女性ホルモンが減少してきている年代なのに、実年齢より若く見える人と上に見える人がいる…。そんな着眼点から、まだ解明されていないことが多いこの2つのホルモンと「肌細胞」の関係について、新たな研究が始まったのだそうです。

ALLU5

そして今回、新発見したのが 「ホルモン受容体」が美肌の差を生むカギとなっていたこと。

ALLU4

肌細胞にあるホルモン受容体は、それぞれのホルモンをキャッチして肌細胞の活動を活性化させるという役割を担っています。このホルモン受容体が多い肌細胞だと、ホルモン量が少なくても、肌細胞の活動が活発だということがわかったんですって。

 

 

そこで、ポーラが新たに開発したアプローチとは…。次のページに続きます。

第80回
「ホルモン変化」と「肌」との密接な関係って? ポーラの新しいアプローチに注目です

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge

コメント

コメントを投稿する

コメントを投稿する

post date*

ニックネーム
コメント
To Top