ルポライターが自身の病を見つめた、笑って泣けるノンフィクション

プロフィール写真

出版社勤務を経て、ライターに。『MORE』『COSMOPOLITAN』『MAQUIA』でブックスコラムを担当したのち、現在『eclat』『青春と読書』などで書評や著者インタビューを手がける。

 

年齢のせいか、最近テレビで気になるのが医療関係の番組。

 

 

治療の最前線を紹介するもの、病にかかった方のドキュメンタリーなど、さまざまなアプローチの番組がありますが、どちらかというと私はこのジャンルのものを避けがちです。

 

 

なぜなら、必要以上に「もし自分だったら。自分の家族だったら」と考えてしまうから。
情報を把握しておかねばという冷静な判断もあるのですが、どうしてもそちらが気になって。
我ながら「それでいいのか?」と思うのですが……。
そんな私が『脳が壊れた』を書店で手に取ったのは

 

「41歳、脳梗塞になりました」
深刻なのに笑える、感涙必至の闘病ドキュメント

 

という帯にギョッとしたから。
深刻なことが起きたら、そのまま深刻に受け止める性格なので、「笑えるってどういうこと?」という素朴な疑問がわいてきたのです。

 

 

しかも、大ベストセラー『バカの壁』で知られる解剖学者・養老孟司さんの感嘆コメントまで添えられていたのだから、「これは読むしかない!」とレジに向かいました。

 

 

『脳が壊れた』の著者は、1973年生まれのルポライター・鈴木大介さん。
社会からこぼれ落ちた人々を主な取材対象にしてきた方で、からだを売って日銭を稼ぐ若い女性の実態に迫った『最貧困女子』(2014年刊行)は大きな話題になりました。

 

書評_photo

『脳が壊れた』
鈴木大介 新潮新書 ¥760(税別)
突然脳梗塞に襲われた著者が、心身の変化やリハビリの様子をユーモアを交えつつ克明に記録。やがて病が人生の軌道修正につながるまでをつづった、感動の1冊。現実の受け止め方、受け流し方などについて考えさせられる

 

 

『脳が壊れた』は、取材も執筆も(実は家事も)旺盛にこなしていた鈴木さんが、41歳のある朝パソコンに音声入力をしようとして、ろれつが回らなくなったところから始まります。予兆はあったけれど、そのときは整形外科で「肘から首の神経障害」と言われていたのです。

 

 

すぐさま奥様の運転で地元の脳神経外科に直行。検査の結果は「右側頭葉のアテローム血栓性脳梗塞」でした。つまり、動脈硬化でできた血栓が太い脳血管に詰まったのです。
当然急きょ入院、「血栓を溶かす薬剤や血液の流動性を高める点滴を行い、再発を防ぎつつ、可能な限り早期から機能回復のリハビリを始めましょう」ということになります。

 

 

当初鈴木さんは「ただただ猛烈な非現実感と違和感の中で、ワケも分からずボンヤリしていた」。
しかしその後彼は、というかこの本は、いわゆる“闘病記”とは違う特徴をどんどん見せていきます。

 

 

高次脳機能障害が残った鈴木さんに起きたのは半側空間無視、つまり左側にイヤなものがあってそれを見たくない(見ようとしても見られない)という感覚。その結果、相手と目を合わせられず右上方を凝視してしまうという症状でした。(その他にも、目に見える症状・見えない症状がいろいろ)

 

 

ここで鈴木さんはハタと気づいたのです。

 

 

“(僕みたいな)挙動不審な人物を僕は知っている。以前取材させてもらった事のある不良少年のヒサ君だ。”

 

“彼は脳に何らかのトラブルがあったのでは。

そして今まで取材してきた社会からこぼれ落ちた人々を『面倒くさい人たち』『不自由な人たち』と感じることが多かったのも、そこに理由があったのでは”と。

第29回
ルポライターが自身の病を見つめた、笑って泣けるノンフィクション

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge

コメント

コメントを投稿する

コメントを投稿する

post date*

ニックネーム
コメント
To Top