リマで気ままに街歩き(前編)

プロフィール写真

出版社勤務を経て、ライターに。『MORE』『COSMOPOLITAN』『MAQUIA』でブックスコラムを担当したのち、現在『eclat』『青春と読書』などで書評や著者インタビューを手がける。

今回は読書ブログをお休みして、12月に2週間ペルーに滞在して見つけた、現地の魅力をお伝えしたいと思います。

 

書評_photo

秘境マチュピチュの眺めは雄大!

 

 

ペルーと言えば、マチュピチュや地上絵のあるナスカなどが観光地として有名ですが、私がクローズアップしたいのは首都のリマ。
一般的な南米ツアーパンフを見ると、リマは(あったとしても)半日観光程度で、重点が置かれているとは言いにくいような……。
トランジットを含め、行くだけで丸一日はかかる国なので、10日間くらいのツアーの場合、主に飛行機で観光地をさくさく回るのが当然だとは思います。
でも、経由地にしておくにはちょっともったいないくらい、リマは素敵な街!とつくづく感じました。

 

 

そもそもなぜペルーかというと、次男がリマへ転勤になり、夫婦で暮らしているから。
海外慣れしていない私ですが、さすがに「こんなチャンスを逃す手はない!」と、長距離旅行を決心したのです。

 

 

出発は12月上旬。ペルーは地球の裏側なので、季節は初夏……といっても、日本のように四季があるわけではありません。
最高気温で言うと、夏季が平均26~27度くらいで冬季が平均18~19度くらい。最低気温はそこからマイナス4度~7度ほどだし、ほとんど雨が降らないので、かなり過ごしやすい街と言えそうです。

 

 

ちなみに私が滞在していた時期は、朝晩がTシャツ+ジーンズ+パーカ(羽織りもの)。暑くなる昼間はパーカーを脱げばよかったし、湿度は高いもののジメジメしてはいないので、とても快適でした。

 

 

さてツアーでリマを観光する場合、主に回るのは旧市街。中心になっているアルマス広場やサン・マルティン広場、1535年にこの地に首都を作ったスペイン人の征服者・ピサロが礎石を置いたカテドラルなどが見どころになっています。

書評_photo

アルマス広場

 

 

書評_photo

サン・マルティン広場

 

 

書評_photo

クリスマス前だったので、サン・マルティン広場にはこんな像も

 

 

 

次のページに続きます。

第32回
リマで気ままに街歩き(前編)

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge

コメント

コメントを投稿する

コメントを投稿する

post date*

ニックネーム
コメント
To Top