美容と健康に! 中鎖脂肪酸100%のMCTオイル、その魅力をおさらい


「効率よくエネルギー源に」「抗酸化力が高いのでアンチエイジング効果も」「脂肪燃焼を助ける」そして「アルツハイマー型認知症の予防にも」などとして、OurAgeでも何度か取り上げている中鎖脂肪酸

 

ココナッツやパームフルーツなどヤシ科植物の種子の核部分に含まれる自然由来の成分で、ココナッツオイルには約60%含まれています。そして、中鎖脂肪酸100%で構成されているのが、MCTオイルです。

MCT1

こちらは、仙台勝山館(せんだいしょうざんかん)の「MCTオイル」(左・360g 2,380円/税込、以下同)。右はココナッツフレーバーの「MCT-Cocoil(ココイル)」(360g 2,380円)で、中鎖脂肪酸を約90%含有。MCTオイル約70%に約30%の有機EXVココナッツオイルをブレンドしています。

MCT2

先日、そんな仙台勝山館のMCTオイルについて学べるセミナーが開催され、事業統括マネージャーの岩井理恵さんからお話を伺うことが出来ました。

 

仙台勝山館は、その名にあるように宮城・仙台が拠点。320余年続く勝山酒造を母体とするグループ企業です。ブライダルサロンや飲食店舗の経営、調理製菓専門学校なども運営し、2年前から、毎日の食から健康へとつなげる提案として「MCTオイル」の販売をスタート。MCTオイルは、元々医療用として使われていたオイルなのだそう。

MCT7

「MCTオイル」は無味無臭なので、料理や飲み物の風味や美味しさを損なうことがありません。サラダやカレーに混ぜたり…

MCT6

フルーツやスープと混ぜても。ただし、加熱すると一般の油よりも低温で煙が出てしまい、泡立ちが起こるのでNG。温かい料理に使うときは、仕上げにかけるのが正解です。

 

また、「脂肪燃焼を助ける」オイルと言えども、やはり油なので普段の食事+大量に摂りすぎてはカロリーオーバーに。また、人によってはお腹がゆるくなる場合も。まずは5gほどを3食に分けて摂ることからスタートするのがおすすめとか。ちなみに、岩井さんはMCTオイルを入れたコーヒーが朝食代わり。満腹感も得られるので、お昼までおなかが空かないそうですよ。

 

次のページで、製品のラインナップを紹介します。


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge

コメント

コメントを投稿する

コメントを投稿する

post date*

ニックネーム
コメント
To Top