秘密のベールを脱いだ!日本旅館「星のや東京」全公開① 宿泊編


昨年7月にオープンした「星のや東京」。

東京の中心地、大手町のビジネス街に進出した日本旅館として話題をさらいながら、その詳細は意外と知られていません。

 

今回は、長らく秘密のベールに包まれていた「星のや東京」の魅力を2回にわたってご紹介します。

 

まずは、宿泊編。

 

東京駅や皇居の徒歩圏内、地下鉄大手町駅から数分の地上17階の建物。

東京駅や皇居の徒歩圏内、地下鉄大手町駅から数分の地上17階の建物。

夜の照明も美しいエントランス。中へ足を踏み入れると、大きな青森ヒバの扉に迎えられます。靴を脱ぐと、そこから先はほぼ全館畳敷きで、エレベーターの中まで畳! 足元からくつろぎを感じる気持ちよさ。

 

 

お茶の間ラウンジ

「星のや東京」のテーマ「塔の日本旅館」を象徴するのが、客室フロアのスタイルです。

各階の客室フロアには、中央にゲスト専用の「お茶の間ラウンジ」があり、その左右に3室ずつ計6つの客室が並んでいます。

IMG_2331-1

IMG_2353-1

IMG_2350-1

このラウンジは同フロアのゲスト限定。

チェックイン時は、スタッフが丁寧にいれる薫り高い日本茶と、日本橋「長門」の銘菓とともにゆったりと。コーヒー好きには「ミカフェート」のコーヒーや、日本各地の銘茶を飲み比べることもできます。

夕食前後には日本酒や焼酎、ワインなどを、おつまみとともに。お菓子や夜食用のマグカップラーメンも自由に楽しめ、翌朝には、軽めの朝食にぴったりなおむすびと味噌汁をオーダーできます。

ワーキングデスク、ごろごろソファも置かれ、ゲストは24時間自由に自分の部屋の延長として、ダイニングやリビングのように思い思いに過ごせます。コンシェルジュも兼ねるスタッフに、近隣のお店や観光情報をたずねたり、旅の手配も頼めます。

「星のや」らしい落ち着きと密なるサービスが集結し、日本旅館の進化したエグゼクティブフロアともいえるでしょう。

 

さて、客室の中はどうなっているかというと…


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge

コメント

コメントを投稿する

コメントを投稿する

post date*

ニックネーム
コメント
To Top