「お酒で憂さ晴らし」で肝臓が老ける!?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

プロフィール写真

根来秀行教授

1967年生まれ。最新刊『ハーバード&パリ大学 根来教授の特別授業「毛細血管」は増やすが勝ち!』(集英社)が好評発売中!ハーバード大学医学部内科客員教授、パリ大学医学部客員教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、世界の最先端で臨床・研究・医学教育にあたる。

いし こんにちは。ぐうたらライターのいしまるこです。
肝臓年齢を若返らせるために、根来教授に肝臓にやさしいお酒のたしなみ方を伝授していただいていますよ。

 

 

根来 こんにちは。根来秀行です。
以前、肝臓はフリーラジカルが発生しやすい臓器だとお伝えしましたが、覚えていますか?

 

 

いし はい! 肝臓ではたくさん代謝が行われているから、エネルギーもたくさん使われていて、その過程でフリーラジカルが発生しやすいんですよね。

 

 

根来 その通り。フリーラジカルはストレスによっても発生します。
ですから、ストレスを緩和してフリーラジカルを減らすことが、肝臓に負担をかけないために非常に重要なのです。

 

 

いし よくわかります。

 

 

根来 ヤケ酒という言葉がありますが、ストレスをお酒で解消するのは、つい飲みすぎて逆効果になりかねません。

 

 

いし あたたたた。

 

 

根来 さらに、お酒を飲みながらタバコを吸うと最悪です。

 

 

いし 酒好きな喫煙者いわく、「飲みながらのタバコはおいしい」らしいです。

 

 

根来 しかし、タバコを吸うと血流が悪くなり、フリーラジカルも多く発生するため、肝臓への負担が大きくなり、肝臓の仕事量が増します。
そこにアルコールの代謝という仕事が加わると、肝臓はさらに酷使されることになるのです。同時に、全身の毛細血管の劣化も推し進めてしまいます

Dr.negoro_Ill

 

 

シェア ツイート LINEで送る
第49回
「お酒で憂さ晴らし」で肝臓が老ける!?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top