毎日、同じ朝ごはんで長生き!?

プロフィール写真

歯のホワイトニングを日本で広めた第一人者。明るく、フレンドリーなキャラクターから「さとこ先生」と呼ばれ親しまれている。
女性歯科医師ならではの、歯と体を美しく保つための食事や、歯が美しく見える口元メイクについてのアドバイスに定評がある。
女優・モデル・タレント・アナウンサーなど、多数のビューティーセレブからの信頼も厚い。
略歴
「ホワイトホワイト デンタルクリニック」院長。
2005年からミス・ユニバース・ジャパン ナショナルディレクターからの要請で、
オフィシャルサプライヤーとして歯をプロデュース。
同年、知花くららさんがミス・ユニバース世界大会第2位。
2007年には森理世さんがミス・ユニバース世界大会で日本人
48年ぶりの優勝を飾る。
また、2008年代表の美馬寛子さん、2009年代表の宮坂絵美里さんや、
2010年代表の板井麻衣子さんも大きな結果を残す。以降2012年まで務める。

 

117歳のご機嫌な口もとに学ぶ

 

こんにちは。春もすぐそこに近づきましたね。石井さとこです。

 

先日、ニュースで世界最高齢(なんと117才!!)の女性の話題がクローズUPされていました。

 

私が驚いたのは、インタビュアーが彼女に「どんな物を食べているの?」と質問したときの、「毎日同じモノ!」との答え。

 

毎日バリエーション豊かに、なるだけ体に良いモノに、オーガニックに!!・・・なんて答えを期待していただけに、かなりびっくり!

 

でも、これって実は大事。とても大事です!

 

だって毎日同じってコトは、117才でも、リンゴとかナッツとか硬いパンなど、良く噛んで食べられる立派な口もとを持っているってコト、ですよね。

 

良く噛んで食べられることは、脳や体全体の血流を良好にし、良質の唾液を出すので内臓にも好影響。歯や噛み合わせがちゃんとしているから出来ることなんです。

 

117才ですよ!毎日、同じ物を食べることが出来るんです。

 

何という素晴らしい口もとと健康!!

 

私は、実は360日、ほぼ同じ朝ごはん。

 

胚芽玄米のトーストに、卵1コ、キウイ1コ(夏はグレープフルーツ)、それにミルク入りコーヒー。

 

IMG_0428 (002)

360日、この朝ごはんを食べています!!

 

 

 

旅先でも、ほぼ同じ。ごくたまにチーズトーストが5日位。

ご機嫌な口もとは朝ごはんから!! 

 

 

卵のアシト酸トリプトファンは、午前中に食べることでハッピーホルモンを作ることが出来て、夜は快眠物質に変わるから。

 

 

キウイは食べる点滴とも云われる万能フルーツだから。

 

白パンは美味しいけれど、更に良く噛みたいので少し硬質なパンを選んでいます。

 

家族には“飽きないネ・・・”と言われているけど、これが私の生活の一部。

 

朝ごはんをきちんと食べることで、口の中は清浄化され、口臭も出にくくなります。

 

多分、このメニュー死ぬまで(?)続けるつもり。

 

117才の女性に背中を押されたみたい!

 

石井さとこIMG_0284 (002)

海外のホテルやカフェの朝ごはんでも、同じようなメニューです。いつも同じということで、気持ちも整う気がします。

★石井さとこ クリニック ホワイトホワイト(恵比寿店、ルミネ新宿店、ルミネ有楽町店)  http://whitewhite.jp/

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top