OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/doctor_blog/106238/

口もとで気になるホントにホントのお悩みNO.1は?

石井さとこ

石井さとこ

歯科医・ 口もと美容スペシャリスト。

歯のホワイトニングを日本で広めた第一人者。明るく、フレンドリーなキャラクターから「さとこ先生」と呼ばれ親しまれている。
女性歯科医師ならではの、歯と体を美しく保つための食事や、歯が美しく見える口元メイクについてのアドバイスに定評がある。
女優・モデル・タレント・アナウンサーなど、多数のビューティーセレブからの信頼も厚い。最新刊は『美しい口もと』。

略歴
「ホワイトホワイト デンタルクリニック」院長。
2005年からミス・ユニバース・ジャパン ナショナルディレクターからの要請で、
オフィシャルサプライヤーとして歯をプロデュース。
同年、知花くららさんがミス・ユニバース世界大会第2位。
2007年には森理世さんがミス・ユニバース世界大会で日本人
48年ぶりの優勝を飾る。
また、2008年代表の美馬寛子さん、2009年代表の宮坂絵美里さんや、
2010年代表の板井麻衣子さんも大きな結果を残す。以降2012年まで務める。

 

記事一覧を見る

口もとのお悩みNO.1とは!?

 

 

 

こんにちは。初夏の日射しが眩い季節ですね。石井さとこです。

 

夏に向かうこの季節、 口もとの取材が増えます。

 

先日、あるアンケート調査で、なるほど納得! と思った結果がありました。

 

端的に言いますとね。 10代から60代の女性の、口もとで気になってることのナンバー1は?

歯の色!

 

なのでした!

 

口もとの悩みに、年齢の壁などあらず。ですねぇ。

 

私も、長いこと、この現場(歯のホワイトニング)にいますが、毎年それなりに口もとの流行り、みたいなものも変化します。

 

例えば、数年前は、ほうれい線とか、たるみとか。昨年辺りは、歯周病が全身の健康を脅かすことで話題になりました。

 

それでも、いつも毎年変わらずに、歯の色のお悩み相談の取材は減るどころか、毎年ごとに増えているのは、ホントにホント!年齢差の無い、もはや永遠の?テーマだったんですね。

 

なんだかまるで、近くにいてずっと、こっち向いてよと言われてるのに、遠くを見てた自分―――。みたいな、気持ちになったりしましたよ。

 

他のことに気を取られず、歯の色のお悩みに心を改めて向き合います!

 

まず、10代はまだ歯の表面のエナメル質が幼くて、黄ばみが強く見えたりします。でも、まだホワイトニングは18歳以上にならないと出来なかったりします。エナメル質が発展途上中なので、薄くて、ホワイトニングは痛みを感じたりすることがあるのです。まあ、ガラスの10代よね。

 

20代、30代はエナメル質も熟成して、ホワイトニング適齢期。この時にホワイトニングをしておくと、歯の白さを維持しやすくなります。また、歯の状態も安定していて治療が進めやすいのです。

 

そして、コーネンキ世代になってくる40代、50代は、歯の黄ばみとくすみが気になってきます。年齢とともに歯も色が濃くなるのです。

 

ここが辛抱のしどころです。老け顔になってく? それとも・・・?

 

 

若見えに差が付きやすいのが、まさしく! OurAge世代です。

 

ここで、一発逆転勝ちしたいじゃないですか。(笑)

 

ただし、20代、30代のころよりも黄ばみ、くすみ、虫歯になっていたり・・・、口もとの不調は増えつつあることをお忘れなく。

 

白くキレイになるには、時間と多少のお金もかかってしまうことがありますが、歯の白さや口もとの清潔感を手に入れると、顔周りすべてが明るくなり、若々しいというよりも、若く! なります。

 

同時に、体のバランス感覚も良くなって、より、健康になるんです。口もとがキレイになると、コミュニケーション能力も自然と良くなります。笑顔が増えて魅力的になるので自然と人と良い関係になるのです。

 

また、歯や口もとがキレイになっていくとですねぇ。いわゆる悪癖!も、退散するみたいで、喫煙とか、ダラダラ食べとか、不平不満のへの字口とか、すっぱりと止めた・・・なんてこともあるようです。

 

20代、とかコーネンキ世代とか、歯の色も肌の色とか状態に合わせることも、意外とキレイに無理なく若く魅せることがあります。だって、はち切れそうな輝く美肌の20代にはやっぱり真っ白な歯ってフィットしますもの。

 

でも、同じことをコーネンキ世代がすると、歯の白さと肌のニュアンスに違和感が出ることもあります。つまり、世代によっての美しさがそれぞれあるのです。20代がピュアホワイトなら、コーネンキ世代はナチュラルなクリーム系の白さを目指すと、品の良い口もとになります。

 

 

ケアグッズ

今や歯を白くするためのホワイトニングケアグッズは、クリニック内で使用する物から、自宅で手軽にケアできる物まで様々です。より、身近になってます。

 

 

自分の顔立ちや、肌の色、唇の形などを自分なりにある程度、熟知していると、ホワイトニングの治療や、審美歯科の治療が進めやすくなります。

 

 

ホワイトニングの治療は基本、自分の歯の色がベースで、その色味の中で最大限に白くしますし、歯を削って被せるセラミック治療は本人の要望でどんな白さにも変えられます。

 

私が思うには、日本の女性ならではの色味。肌のきめの細かさや、しっとりとした質感の良さ、やや厚みのある唇を考慮したり、黄色味がかった肌色にフィットする歯の色合いを上手くチョイスすると、セラミックの歯の色が生き生きと見えてきます。以前は、アメリカやハリウッドスターの歯の色を参考にすることがほとんどでしたが、やはりそこは欧米人との違いを認識した方が パーソナルな美しさを醸し出せると思います。
ジュエリーで言うと、東洋の女性にフィットするパールの柔らかな白い色味はすごく参考になると思います。

 

ちょくちょく行くオーストラリアの友人たちも、歯の色を気にしてます。コーネンキ世代は、どこの国でも悩みは同じ。薄めの唇の多いオーストラリアの女性はまた、日本人とは違う歯の色味です。彼女たちはやはり欧米人ですからね。ハリウッドセレブの歯を参考に白くしています。これも、またこれで良し!

 

 

石井四回目写真

オーストラリアの親友デニスと私はまさにコーネンキ世代。肌も髪も歯の色味もそれぞれ。

 

 

 

いくつになってもキレイで若々しくいたいと思うのは、万国共通。自分に合う歯の色はたぶん自分が思ってるよりもずっと若々しく、キレイで魅力的に見せてくれると思います。

 

もしも歯の色が気になったら、ホワイトニングの治療だけでなく、セラミック治療やさまざまな治療があります。納得いくように選び、決めていくことができる時代です。

 

前向きに、自分が歯っぴーになれる歯の色をイメージして選んでみてはいかがでしょう。

 

 

 

 

 

 

★石井さとこ先生のクリニックは、 ホワイトホワイト(恵比寿店、ルミネ新宿店、ルミネ有楽町店)  http://whitewhite.jp/

<前の記事

<前の記事
第3回/こまめなチェックこそが、美人を完成させる!!…

次の記事>

次の記事>
第5回/唇にしてはいけない3つのこととは!?…

この連載の最新記事

デンタル界の新語大賞!?「落ちベロ」「口ゴボ」を知ってますか?

第23回/デンタル界の新語大賞!?「落ちベロ」「口ゴボ」を知ってますか?

笑顔の準備、できていますか?

第22回/笑顔の準備、できていますか?

TVでも話題!! 夏枯れ唇を”ふっくら唇”にして幸せを呼び寄せるには!?

第21回/TVでも話題!! 夏枯れ唇を”ふっくら唇”にして幸せを呼び寄せるには!?

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル