口もとで気になるホントにホントのお悩みNO.1は?

プロフィール写真

歯のホワイトニングを日本で広めた第一人者。明るく、フレンドリーなキャラクターから「さとこ先生」と呼ばれ親しまれている。
女性歯科医師ならではの、歯と体を美しく保つための食事や、歯が美しく見える口元メイクについてのアドバイスに定評がある。
女優・モデル・タレント・アナウンサーなど、多数のビューティーセレブからの信頼も厚い。
略歴
「ホワイトホワイト デンタルクリニック」院長。
2005年からミス・ユニバース・ジャパン ナショナルディレクターからの要請で、
オフィシャルサプライヤーとして歯をプロデュース。
同年、知花くららさんがミス・ユニバース世界大会第2位。
2007年には森理世さんがミス・ユニバース世界大会で日本人
48年ぶりの優勝を飾る。
また、2008年代表の美馬寛子さん、2009年代表の宮坂絵美里さんや、
2010年代表の板井麻衣子さんも大きな結果を残す。以降2012年まで務める。

 

口もとのお悩みNO.1とは!?

 

 

 

こんにちは。初夏の日射しが眩い季節ですね。石井さとこです。

 

夏に向かうこの季節、 口もとの取材が増えます。

 

先日、あるアンケート調査で、なるほど納得! と思った結果がありました。

 

端的に言いますとね。 10代から60代の女性の、口もとで気になってることのナンバー1は?

歯の色!

 

なのでした!

 

口もとの悩みに、年齢の壁などあらず。ですねぇ。

 

私も、長いこと、この現場(歯のホワイトニング)にいますが、毎年それなりに口もとの流行り、みたいなものも変化します。

 

例えば、数年前は、ほうれい線とか、たるみとか。昨年辺りは、歯周病が全身の健康を脅かすことで話題になりました。

 

それでも、いつも毎年変わらずに、歯の色のお悩み相談の取材は減るどころか、毎年ごとに増えているのは、ホントにホント!年齢差の無い、もはや永遠の?テーマだったんですね。

 

なんだかまるで、近くにいてずっと、こっち向いてよと言われてるのに、遠くを見てた自分―――。みたいな、気持ちになったりしましたよ。

 

他のことに気を取られず、歯の色のお悩みに心を改めて向き合います!

 

まず、10代はまだ歯の表面のエナメル質が幼くて、黄ばみが強く見えたりします。でも、まだホワイトニングは18歳以上にならないと出来なかったりします。エナメル質が発展途上中なので、薄くて、ホワイトニングは痛みを感じたりすることがあるのです。まあ、ガラスの10代よね。

 

20代、30代はエナメル質も熟成して、ホワイトニング適齢期。この時にホワイトニングをしておくと、歯の白さを維持しやすくなります。また、歯の状態も安定していて治療が進めやすいのです。

 

そして、コーネンキ世代になってくる40代、50代は、歯の黄ばみとくすみが気になってきます。年齢とともに歯も色が濃くなるのです。

 

ここが辛抱のしどころです。老け顔になってく? それとも・・・?

 

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top