素敵女医アンケート「目&目まわりで気になる症状の第1位は老眼」/前篇


誰でも年齢とともに、目の不調やたるみなど目まわりの悩みが増えていきます。それでは、素敵女医の皆さんはどんなケアをしているのでしょう? プロならではの対策とこだわりに、参考になることがいっぱい! 今回からシリーズでご紹介します。

 

 

 

気になる症状の1位は
老眼による見えづらさ

目と目まわりのケアについて女医の皆さんに伺ったところ、54%の人が気になる症状として挙げていたのが「老眼で近くが見づらいこと」でした。現時点では、老眼鏡(リーディンググラス)を愛用している人はごく一部でしたが、なかには度数を調整した近視用コンタクトレンズ、メガネ、老眼鏡を併用している人も。

 

「老眼、眼精疲労、飛蚊症の症状があります。飛蚊症は10代後半からあり、左目の網膜下方に網膜格子状変性を指摘されています。また眼精疲労対策にアスタキサンチン、加齢黄斑変性予防のためにビタミンA・C・Eと亜鉛のサプリメントをとっています」(東京慈恵会医科大学眼科学教室・鳥飼こずえ先生)

 

ほかに上位に挙がったのは「眼精疲労」「まぶたのたるみ(眼瞼下垂)」「まつ毛の減少」など。

「20代の頃、花粉症によるかゆみで右目をこすっていたら、外側のまつ毛が薄くなってしまいました。今は目をこすらないよう気をつけています。まつ毛美容液は効き目がありますが、白目が充血し、目の周囲も赤くなりやすいので、毎日は使えません」(常喜医院・常喜眞理先生)

 

目まわりのたるみ対策については、「マッサージをするのがよい」「触るとたるむ」と意見が真っ二つに。今回のアンケートでは「できるだけ触らない・こすらない派」が優位という結果になりました。

目&目まわり最強ケア術 目のトラブルデータ

トラブルTOP10は上のような結果になりました。眼科検診を受けるペースについての回答は、約40%の人が「年に1~3回」でした。意外だったのは、26%の人が「受けていない」と答えたこと。皆さん、よほどの不調がないと、眼科での検査は受けていないようです。

目&目まわり最強ケア術 サングラス

サプリメントなど、内側からのケアのほかに、サングラスやブルーライトカットメガネで目を守っている人が多数

 

 

 

次のページでもアンケート結果をご紹介!

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top