素敵女医アンケート「目&目まわりで気になる症状の第1位は老眼」/後篇


年齢を重ねるとともに増える目や目のまわりの悩み。今回も前回に引き続き、素敵女医の皆さんに行なったアンケート結果をご紹介します。

 

 

 

老眼対策、どうしてる?

老眼の症状が出て、メガネやコンタクトレンズを使い分けている人が目立ちました。

「40歳くらいから老眼が始まり、日常生活や仕事に支障をきたすようになりました。眼科を受診したところ、老眼鏡とコンタクトレンズの併用をすすめられ、仕事中はコンタクトレンズ、自宅で読書したりPCで作業する際は老眼鏡と使い分けています」(赤須医院・赤須玲子先生)

 

「40歳頃から、老眼とともに遠視も悪化しました。それまでメガネはまったくかけませんでしたが、その後はメガネが手放せない生活に。現在は遠近両用メガネをかけています。また、目の健康のために牡蠣のサプリメントを飲んでいます」(LUNA 骨盤底トータルサポートクリニック・関口由紀先生)

 

その一方で「終日裸眼で過ごしている」といううらやましい人が29%もいました。

 

 

目&目まわり最強ケア術 見えないときデータ

上の結果のうち、コンタクトレンズとメガネの種類は、近視用、遠視用、遠近両用、乱視用に分かれ、最も多かったのが近視用でした。また、医師らしく「仕事中は拡大鏡を使っている」という人もいました。まだ老眼鏡は使わず、度を下げたメガネやコンタクトレンズを読書用にするケースも見られました。

 

 

 

誰もがかかる白内障対策は?

QOLが上がり、眼精疲労の症状も解消

目&目まわり最強ケア術 津田攝子先生

津田攝子さん

Setsuko Tsuda

 

57歳・皮膚科

津田クリニック

 

「先日、白内障の手術を受けました。手術前は霞がかかったように見え、手元の小さな文字が見えにくい状態でした。もともと近視で、メガネかコンタクトレンズを使用していましたが、それでも0.6以上の視力が出なくなっていたのです。白内障の手術は日帰りで、片眼10分程度。乱視が強かったため遠近両用の多焦点レンズはあきらめ、単焦点レンズを入れました。現在は部屋のホコリや毛穴までくっきり見えます(笑)。QOLが上がり、眼精疲労の症状もなくなりました」

 

 

 

次は目のまわりのケアについてのアンケート結果をご紹介。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top