素敵女医の「目まわり」鼎談①/「実はこれが正解!」 素敵女医たちの一家言


話題のまつ毛美容液、スキンケア、ブルーライトの問題、まぶたのたるみ対策、白内障手術 etc.…。
目と目まわりの気になるあれこれについて、眼科医と美容皮膚科医、3人の先生方に「本当のところ」を語っていただきました !

 

 

目&目まわり最強ケア術 大木美佳先生

大木美佳さん

Mika Ooki

 

50歳 美容皮膚科・再生医療

ナチュラルハーモニークリニック表参道

 

「現在、目の不調は特にありません。普段はUVカットの近視用コンタクトレンズを愛用しています」

 

 

目&目まわり最強ケア術 宮澤優美子先生

宮澤優美子さん

Yumiko Miyazawa

 

53歳 眼科
表参道内科眼科

 

「白内障のまぶしさを感じるようになり、メガネでUV対策をしています。紫色の光を2倍以上カットする無色のレンズですが、快適です」

 

 

目&目まわり最強ケア術 坪内利江子先生

坪内利江子さん

Rieko Tsubouchi

 

55歳 皮膚科・美容皮膚科
銀座スキンクリニック

「コンタクトレンズやメガネの調整で、眼科検診は半年に1度。強度近視のため、飛蚊症※がひどいときには眼底検査も年に1度受けます」

 

 

〈飛蚊症〉

「飛蚊症は、網膜剝離の初期症状など、場合によっては緊急性の高いものになります。MyAge/OurAge世代では加齢による生理的現象であることが多いですが、いつもと違う見え方になったらすぐに診察を受けてください」(宮澤先生)

 

 

人気のまつ毛美容液は
使い方をきちんと守って

 

坪内 今、まつ毛美容液が大人気ですね。なかでも愛用者が多いのが「グラッシュビスタ」。使いはじめはまぶたが赤くなりますが、この赤みは炎症ではなく単なる血管拡張なので2週間で収まります。

 

宮澤 眼圧を下げるための緑内障治療薬にまつ毛を伸ばす作用があることがわかり、まつ毛美容液が誕生しました。一方で、使うと目の周囲が黒ずんでしまう人もいるので注意が必要です。

 

坪内 これは処方薬なので、医師の指導を受けて使用すべきですよね。付属の器具でなく爪楊枝を使ったり、早く伸ばしたいからと量を増やしたりすると、液があふれて皮膚につき、色素沈着などの原因になってしまいます。まぶたの脂肪が減ってくぼむ例もあるので、うちのクリニックでは写真を撮って「また2週間後に来てください」と言っています。

 

大木 平均で2㎜伸びるといわれていますね。日本人のまつ毛の長さが平均約6㎜、欧米人が9㎜だから、欧米人並みの長さになる。

 

宮澤 きれいに伸びる方もいれば、バラバラに伸びる方もいます。

 

坪内 最初の1カ月を過ぎて、まつ毛の成長の周期が整ってくるとそろってくるようですね。いずれにしても、使い方をきちんと守ることが大切だと思います。

 

 

 

 

次は先生たちが目の健康のために実践していることをご紹介。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top