「手の不調」、予防や改善に役立つことは?


生理周期と照らし合わせて、手の症状がどのように変化するかチェックしておくと、診察の際に役立ちます。また対策として、エクオール含有サプリメントの摂取も効果あり。

 

 

不調が2〜3カ月続いたら
手外科専門医に相談を

「手のトラブルは原因がはっきりせず、病院に行っても『年のせいなので仕方ないですね』と言われることが少なくありません。不調が2〜3カ月続くようなら、ぜひ専門医を受診してください。ただし、指が伸ばせなくなった場合は、早めに診察を受けることをおすすめします」

 

と四谷メディカルキューブの菅野百合先生。日本手外科学会のホームページに掲載されている「手外科専門医名簿」を参考にしてください。

 

「ご自身の生理周期と照らし合わせて、いつ症状がひどくなるかを日頃から意識してもらえると、こちらも診断しやすいです。医師によっては、更年期と関節痛対策の漢方薬を組み合わせて処方することもあります。また、まだ症状が出はじめで、指の変形などが起きていない人には、予防としてエクオール含有サプリメントの摂取もいいと思います。大豆イソフラボンから作られるエクオールは、女性ホルモンのエストロゲンとよく似た働きをするため、更年期に起きやすい手のトラブルの症状緩和にも効果が期待できます」

 

四谷メディカルキューブの菅野百合先生

手の痛み 菅野百合先生

菅野百合さん

Yuri Kanno

福島県立医科大学卒業。四谷メディカルキューブ 手の外科・形成外科・マイクロサージャリー。日本形成外科学会専門医。「つらい手指の症状を軽減させる医療を目指しています」

 

 

 

Column 1

間違えやすい関節リウマチ

 

手の病気と間違えやすいものに、初期の関節リウマチがあります。関節リウマチは免疫の働きに異常が生じ、間違って自分自身の細胞や組織を攻撃する病気。関節の腫れ・痛み・朝のこわばり(2時間以上続く)などが左右対称に現れ、微熱や倦怠感などの症状も出ます。進行すると軟骨や骨が破壊されて関節が変形しますが、今はよい薬が開発され、早期に発見して適切な治療を始めれば進行を抑制できるようになりました。血液検査で判明するので、検査を受けておくと安心です。

 

 

次ページに続きます。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top