40、50代が知っておくべき「目の病気」①不安な症状は放っておかない!


OurAgeでは「飛蚊症(ひぶんしょう)」「加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)」「眼瞼下 垂(がんけんかすい)」など、さまざまな目の不調を取り上げてきました。そしてそのたびに反響の大きさに驚かされました。

気になる「目の病気」について、さらにお届けします!

 

 

今と将来に備えてしっかりチェック!

 

40代、50代が知っておくべき

「目の病気」

 

視覚を刺激する情報にあふれた現代の生活の中で、私たちは目を酷使しがち。OurAge世代になると特に、目の疲れ、見えにくさ、乾燥など、さまざまな不調が気になってきます。もちろん加齢による変化もありますが、気になる症状のすべてを年齢のせいにするのは危険です。その不調がどこからくるのか、しっかり知っておきましょう。

 

ここでは、気になる症状からどんな「目の病気」の可能性があるか、そして、その症状への対処の仕方などをご紹介していきます。

 

まず今回は、「目の病気」の不安な症状やはその発症率の目安などについてのお話です。

 

 

 

目の不安な症状は放っておかないで!

 

普段調子がよいときは特に意識することく使い続けている目。

気になる症状がある場合は、放置せずに適切な対応をしていきましょう。

 

 

大鹿 哲郎さん Tetsuro Oshika

1960年生まれ。’85年、東京大学医学部卒業、同大学眼科学教室に入局。東京大学医学部助教授を経て、現在は筑波大学医学医療系眼科教授。医学博士。白内障、角膜疾患、網膜硝子体など、眼疾患全般の診療を行っている

1960年生まれ。’85年、東京大学医学部卒業、同大学眼科学教室に入局。東京大学医学部助教授を経て、現在は筑波大学医学医療系眼科教授。医学博士。白内障、角膜疾患、網膜硝子体など、眼疾患全般の診療を行っている

 

 

 

しっかりケアして
見る機能をキープ

 

私たちは五感を働かせながら、毎日さまざまな情報を得ています。なかでも日常生活において重要なのは「見る」こと。視覚から得られる情報量は、全体の80%にも及ぶといわれています。

 

「近年、スマホなどの普及もあって、メールを読む、文字入力をするといった、目を介したコミュニケーションがかなりの割合を占めるようになってきました。当然、目にかかる負担も昔より大きくなっています。また、食生活の欧米化に伴って増えてきた目の病気もあります」
そう説明するのは、筑波大学医学医療系眼科の大鹿哲郎先生です。

 

「長年使い続けている道具に、経年とともに問題が生じるのと同じように、人間の目も年齢とともにトラブルが起きやすくなってきます。例えば"目の成人病"ともいわれる加齢黄斑変性、緑内障、白内障などは、その代表的な疾患だといえるでしょう」

 

目の病気はすぐに表面化しないことがあるため、不調を感じたまま放っておくと、最悪の場合、失明する危険もあります。なかには緑内障のように、視野に欠けがあっても脳が"見えない部分"を補正してしまい、見え方が変わったことに気づかないケースもあるのだとか。

 

「とはいえ、過剰に怖がる必要はありません。しっかりケアしていけば、多くの人は最後まで見る機能を失わずに済みますし、たとえ病気が見つかっても、早めに治療を受ければ対処できるものが多いのです。今は低下した機能を補うよい方法もあります。特に気になる症状がなくても、40歳を過ぎたら一度眼科で検査を受け、自分の目の状態を知っておくことが大切です」

 

 

次ページでは、症状と疾患に関するチェックができます。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top