40、50代が知っておくべき「目の病気」②目も加齢によって変化する


過去、OurAgeでは「飛蚊症(ひぶんしょう)」「加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)」「眼瞼下 垂(がんけんかすい)」など、さまざまな目の不調を取り上げてきました。そしてそのたびに反響の大きさに驚かされました。

 

今と将来に備えてしっかりチェック!

 

40代、50代が知っておくべき

「目の病気」

 

OurAge世代になると特に、目の疲れ、見えにくさ、乾燥など、さまざまな不調が気になってきます。

今回は、加齢によって目がどのように変化するか、についてのお話です。

 

 

目も加齢によって変化します!

 

目も他の部位と同様、年齢の影響を受けて機能が衰えていきます。

体質や持病などの影響も加わって、深刻な目の病気になることも。

 

 

 

大鹿 哲郎さん Tetsuro Oshika

1960年生まれ。’85年、東京大学医学部卒業、同大学眼科学教室に入局。東京大学医学部助教授を経て、現在は筑波大学医学医療系眼科教授。医学博士。白内障、角膜疾患、網膜硝子体など、眼疾患全般の診療を行っている

1960年生まれ。’85年、東京大学医学部卒業、同大学眼科学教室に入局。東京大学医学部助教授を経て、現在は筑波大学医学医療系眼科教授。医学博士。白内障、角膜疾患、網膜硝子体など、眼疾患全般の診療を行っている

 

 

 

加齢性のものだから
仕方ないとあきらめないで

 

網膜に映る光の情報を像として認識するのは脳の役目ですが、加齢などで一連の過程のどこかに支障が生じれば、見え方に異変が起こります。

 

「体と同じく目も年をとります。老化は誰にでも自然に起きるものだけに、目の衰えを避けることはできないのです。目の老化の代表的な症状である老眼は、一般的に45歳頃から始まります。老眼の原因はピント調節機能の衰えですが、ほかにもさまざまな部位に加齢の影響は現れます」と大鹿先生は言います。

 

例えば網膜に起きる変化で、50代から起こりやすくなる病気のひとつに加齢黄斑変性があります。これは網膜の中でも、見え方に大きくかかわる黄斑部の障害が原因となって起こります。また、視神経が傷むと緑内障になり、水晶体の成分が変質して白濁すると白内障になります。

 

「加齢性のものなので仕方ないとあきらめて、そのまま放置してはいけません。ものが見えづらいまま生活していると、QOL(生活の質)が下がるだけでなく、人生を楽しむ意欲までなくしてしまうこともあります。適切な処置で治る病気もあるので、見えにくさの原因を確かめ、治療を受けることが大切です」

 

MyAge_012_070-目の病気イラスト2

 

 

次ページは、 「目」のパーツとその役割などについてご紹介します。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top