OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/doctor_blog/118346/

スマイルが輝いている国、オーストラリアの口もとケアは?

石井さとこ

石井さとこ

歯科医・ 口もと美容スペシャリスト。

歯のホワイトニングを日本で広めた第一人者。明るく、フレンドリーなキャラクターから「さとこ先生」と呼ばれ親しまれている。
女性歯科医師ならではの、歯と体を美しく保つための食事や、歯が美しく見える口元メイクについてのアドバイスに定評がある。
女優・モデル・タレント・アナウンサーなど、多数のビューティーセレブからの信頼も厚い。最新刊は『美しい口もと』。

略歴
「ホワイトホワイト デンタルクリニック」院長。
2005年からミス・ユニバース・ジャパン ナショナルディレクターからの要請で、
オフィシャルサプライヤーとして歯をプロデュース。
同年、知花くららさんがミス・ユニバース世界大会第2位。
2007年には森理世さんがミス・ユニバース世界大会で日本人
48年ぶりの優勝を飾る。
また、2008年代表の美馬寛子さん、2009年代表の宮坂絵美里さんや、
2010年代表の板井麻衣子さんも大きな結果を残す。以降2012年まで務める。

 

記事一覧を見る

スマイルが輝いている国の口もとケアは?

 

季節の変わり目、いかがお過ごしですか。

本格的な秋に向かうこの時期、口もとにどんなケアが必要か考えるのも良いタイミングです。

 

さて。皆様はこの夏のお休みは、どのように過ごされましたか。ご家族水入らずで、あるいは旅行に行き、改めて色々な見聞を深めて・・・などそれぞれ充実した時間を過ごしていらしたと思います。

 

私は少し遅めの夏休みをいただいて、今回も馴染みのあるオーストラリアに向かいリラックス。だけではなくて、あの開放的な笑顔の眩しいオーストラリア人のスマイルの秘密を探るべく、探求心満々の旅をしてきました。

と言っても、ルーツを・・・とかそんな大げさな事ではなく、オーストラリアはブリスベン。

地元の人気の優しい歯医者さんを突撃取材して、スマイルを支える口もとケアデンタル事情のお話を伺ってきました。

 

なぜ? オーストラリアの口もとに注目したのかって?

 

基本明るく陽気なオーストラリア人。略してオージーは良く笑い良くふざけ、そして良く眠る( ^ω^)・・・。ラテン系と言っても過言ではないかも(笑)。

で、私は個人的にこのオージースマイル☺が大好きで、たぶんそんな明るい笑顔に会いに、毎回飽きもせずオーストラリアに通ってしまっているみたいなんです。

彼らに会い笑顔を見ると元気になる自分がいます。ま、たぶん相性も良いのかもしれないですね。個人差ありますが。

ほほえみの国タイ☺も、あのほほえみに癒されて沢山の観光客が訪れるのと同じ感じではないかなと思います。

 

石井さん スマイル卵

オーストラリアで卵を買って開けたら、☺スマイルが! カワイイですよね☺さすがスマイルの国です。

 

 

一見あまり細かいことを気にしない、何事にも頓着しなさそうなオージーなんですが、みんなで一緒に写真撮影したりすると、スマイルがそれぞれ決まっていて、しかも鮮やかに輝きスター並みに美しくてビックリするんです!

 

街を歩けば、歯の矯正治療をしているオージーの子供たちも普通にたくさんいるし、買い物をするべくショップに入れば、矯正治療のワイヤーを歯に付けてお仕事しているオージーショップスタッフも普通にいる。

知人の経営するショップでは、若いオージーガールのショップスタッフたちが競うように歯のホワイトニングをしていると聞いてます。

 

友人たちとも良く歯科の情報交換などしますが、オージーの親は子供の歯並びに関しては本当に皆熱心で、普通の家庭でも子供の歯の矯正治療を検討し、小学校から中学生になるとスタートに踏み切るケースが少なくありません。

自分たちの歯よりもお金をかけて子供の歯のケアに精を出すオージーママもいたりします。

 

スマイルが優しい☺トニー先生に聞いてみた! オーストラリアのデンタル事情
石井さん トニー先生

ブリスベンのアーバンデンタルクリニック院長のトニー先生。笑顔が優しく穏やかな人柄で、地元の学生や大学の先生、住民の方たちの歯と口もとの健康を支える人気のドクターです。

 

石井さん URBAN DENTAL

トニー先生のクリニックは明るい外観で街中にも違和感ゼロ。安心して訪れることが出来そうな雰囲気です。

 

石井さん QUT

クリニックの近所にはQUTという大学があります。ケルビングローブというこの街はブリスベンの市内で、大学の街としても有名。自然環境も豊かな恵まれた環境で生活しやすい落ち着いた街です。

 

石井さん スタッフ

出迎えてくれたトニー先生のクリニックのスタッフさん。明るく朗らかでいいスマイル☺! 少し緊張していた私もこのスマイルでほぐれました。笑顔は最高のコミュニケーションツールですね!

 

今回トニー先生に伺ったのは、オーストラリアの歯科の事情のなかでも気になる審美歯科について。その治療の内容とお値段についも、かなり図々しく聞いちゃった! 日本の歯医者おばさんは聞くよ^^(しかも、少し遅刻しちゃいました。トニー先生ごめんなさい。)

 

私の仕事は審美歯科の中でもホワイトニングというジャンルです。日本では、ホワイトニングは歯を薬剤で美白するくくりですが、オーストラリアでは、ホワイトニングとは歯を白くすること全般をまとめてホワイトニングとしています。つまり、歯を削ってセラミック治療にするのもホワイトニング。あちらのほうが、くくりが大きかった。

 

歯の美白をするホワイトニングの内容は、日本のクリニックと変わらずクリニックで行うオフィスホワイトニングと、自宅で行うマウスピースを使ったホームホワイトニングのタイプ。トニー先生もホワイトニングを行います。気になるお値段はおよそ300ドルから500ドル。(オーストラリアドル)約3万円から5万円くらい。ここも日本とあまり変わりませんね。

 

歯並びの治療に関して伺ったところ、それは矯正の専門医に任せていて、トニー先生は主に虫歯治療やインプラント治療をメインにしているとのこと。矯正治療は特殊で時間もかかるので、認定医に委ねるケースが多いそうです。

 

 

オーストラリアといえば、矯正治療の中で使用する”カンガルーワイヤー”。オーストラリアンワイヤーともいわれてる、あの矯正治療に欠かせないワイヤーが有名です。私も自分の歯の矯正治療中にお世話になりました。

 

最近では、ワイヤレスな矯正治療を行うクリニックも増えてきています。

“インビザライン”というマウスピース矯正がそれです。日本でもインビザラインを行っている歯医者さんもいます。私のクリニックでは、”アソアライナー”というマウスピース矯正を行っています。

 

オーストラリアでのインビザラインのマウスピース矯正は世界各地で繰り広げられている方法です。インビザライン専用のシリコン印象で歯型を取り、レントゲン撮影をして歯科医の指示に従い、アライン社が3D治療シュミレーションを作り、マウスピースを一度に作って計画的に矯正治療を施す方法です。

 

一方アソアライナーはメイドインジャパン。歯の型を治療のステップごとに取り、マウスピースをその度に作成し、1か月で約1ミリずつ変化させながら調整を繰り返して歯並びを整えていきます。このメイドインジャパンのマウスピース矯正は同時に虫歯の治療やホワイトニングも行えて、日本では人気が出ています。が、個人差もありマウスピース矯正ができないケースがあります。

 

石井さん アソアライナー

メイドインジャパンのアソアライナー。透明なマウスピースにはホームホワイトニングのジェルも入れることができます。毎日15時間以上着けることが鉄則。

 

オーストラリア、日本、どちらも矯正治療においては個人の自費負担になります。日本はワイヤーの矯正費用は約100万円前後。オーストラリアでは5000から7000オーストラリアドル。約50万円から70万円くらいですね。アソアライナーにおいては月ごとに約5万円なり。これは日本のみですから、日本においては矯正治療が少しずつ身近に感じられる設定になってきているのかも知れません。

 

 

さて、今回トニー先生とお話してて興味深かったのは予防治療について。先生のクリニックは近隣に大学が立地していることから学生が沢山来ていて、虫歯で悩む学生のほとんどが海外から来ている留学生とのこと。オージーの若者は意外と健康で、半年に一度のチェックとかデンタルクリーニングに来る習慣が身についているとのことです。

 

これはひとえにオージーのご両親のデンタル教育の賜物か?

 

確かに私のオージー友人たちも歯のチェックなど小まめにしているし、歯医者のアポもきちんとしています。感心するくらいです。

 

トニー先生いわく。実際オーストラリアの歯科の費用の負担は全額自費治療です。日本のように健康保険などありません。最近では民間の保険会社がカバーに参入してますが、焼け石に水だそうです。ちなみに日本でするような一番簡単な治療でもオーストラリアでは500オーストラリアドル。約45000円ですね。歯石を取るだけでも100ドル。日本では健康保険でカバー出来ることがオーストラリアでは1万円かかります。

 

だから、やっぱり出来れば!

 

虫歯をつくって高い治療代を払うのか、虫歯のリスクを減らすべく歯並びを直したり、定期検査をきちんとしたりと、健康のベースを固めるのか。

 

たぶんそこにオージーならではの口もと作りのこだわりが見えてきます。

 

言っちゃえば高い治療代払うんなら、少しでも虫歯にならないようにしなくちゃーーー( ´艸`)

ですかねぇ(笑)

 

ほとんどが自費治療のオーストラリアは、歯を白くするホワイトニングも、削って詰める虫歯治療も、お値段はほぼ同じ。

スマイルに関しましては、オーストラリアが確実にお金がかかっているのかもしれません。

いつも輝くような明るく華やかなスマイルの裏側には、本当は多大な金額と時間が・・・!!  そんなゴージャスなデンタル事情が今回の旅で垣間見れたような?気がいたしました。

 

何にしましても、☺スマイル。輝きをキープするって、お国柄それぞれ。

ですよねぇ☺

 

石井さん 石井先生とトニー先生

トニー先生は「日本の保険制度は本当に良いですね」と語ってくれました。伸びやかな環境の明るいクリニックでした。ありがとうございました。

 

 

★石井さとこ先生のクリニックは、 ホワイトホワイト(恵比寿店、ルミネ新宿店、ルミネ有楽町店)  http://whitewhite.jp/

<前の記事

<前の記事
第7回/心が見え隠れする?口もとからのサイン。…

次の記事>

次の記事>
第9回/5年後、10年後を見据えて使いたいデンタルケアグッズ☺…

この連載の最新記事

デンタル界の新語大賞!?「落ちベロ」「口ゴボ」を知ってますか?

第23回/デンタル界の新語大賞!?「落ちベロ」「口ゴボ」を知ってますか?

笑顔の準備、できていますか?

第22回/笑顔の準備、できていますか?

TVでも話題!! 夏枯れ唇を”ふっくら唇”にして幸せを呼び寄せるには!?

第21回/TVでも話題!! 夏枯れ唇を”ふっくら唇”にして幸せを呼び寄せるには!?

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル