OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/doctor_blog/119188/

「毛細血管」は増やすが勝ち!/根来教授×室井滋さん対談 3

根来秀行教授

根来秀行教授

1967年生まれ。最新刊『ハーバード&パリ大学 根来教授の特別授業「毛細血管」は増やすが勝ち!』(集英社)が好評発売中!ハーバード大学医学部内科客員教授、パリ大学医学部客員教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、世界の最先端で臨床・研究・医学教育にあたる。

いし こんにちは。ぐうたらライターのいしまるこです。

前回、加齢とともに減っていき、ゴースト化する毛細血管によって、

全身のあちこちに支障が出てくることを聞き、びっくり仰天の室井滋さん。

今回はいよいよその対策について迫っていきますよ。

 

室井滋さん

Dr.negoro_photo

女優。「居酒屋ゆうれい」「のど自慢」「OUT」「ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~」などで映画賞を多数受賞。2012年日本喜劇人大賞特別賞、2015年松尾芸能賞テレビ部門優秀賞を受賞。近著に『おばさんの金棒』(毎日新聞出版)、絵本『しげちゃんとじりつさん』(金の星社)など。全国各地でしげちゃん一座絵本ライブを開催中。CD「8つの宝箱~いとしの毛玉ちゃん~」(日本コロムビア)と絵本『いとしの毛玉ちゃん』(金の星社)を同時発売

 

毎日の少しの工夫で

弱った毛細血管を復活させ

増やすことも可能です

 

室井 元気で若々しくいるためには、毛細血管がすごく大事なのに、放っておくと年々劣化して、減る一方なんですよね。

一体どうすればいいんですか?

 

 

根来 はい。ひとつは自律神経のバランスを整え、質のいい睡眠を適切な時間とることです。理想は7時間睡眠です。

 

 

室井 私の場合、こういう仕事なので就寝時間がバラバラで、

睡眠時間は少ない時は3〜4時間、多くて6時間くらい。

朝は決まって6〜7時には起きるんですけど。

 

 

根来 毎朝同じ時間に早起きするのは、体内時計が整うのでとてもいいですよ。ただ、睡眠時間が3〜4時間になってくると、睡眠の質はよくても、

アンチエイジング・ホルモンが全身を巡って体を修復する時間がないから、毛細血管が劣化し、老化を加速してしまいますね。

 

 

室井 アンチエイジング・ホルモン?

 

 

根来 代表的なのは、細胞の新陳代謝を促し若さを保つ成長ホルモンです。

最も深い眠りが訪れる寝入りばなの3時間にピークを迎え、残りの4時間で毛細血管によって全身に運ばれ、体を修復するんです。

睡眠時間が短いと、せっかく成長ホルモンが分泌されても、宝の持ち腐れになってしまいます

 

室井 悲しい…。

実は私、仕事から帰ってくると、ヘトヘトになって玄関で寝ちゃうんです。

そこで1時間くらい小休止してから、山を登るように2階に這い上がり、リビングで30分ほど寝る。それから、家のことをして、お風呂入って、ようやく床につくんです。

 

根来 そのやり方でも精神や視力を休めることはできます。

ただ、睡眠が分断されると体を再生する作用が落ちるんです。

ですからまとめて眠られたほうがいいですね。睡眠時間が短いと、やせませんし

 

室井 はっ、そうなの!?

根来 はい。睡眠中には、脂肪を燃焼する「コルチゾール」というダイエットホルモンが出るんですけどーー。

 

 

室井 えっ、寝ている間に!? 何時に出るの!?

 

 

根来 朝、6時くらいに起きたら、夜中の3時くらいにぶーっと出て…。

 

 

室井 ちょ、ちょっと待ってください、夜中の2時に寝ても3時に出るの?

 

 

根来 一応出ます。体内時計に従って分泌されるので。

ただ、睡眠時間が短い日が続くと、コルチゾールが出すぎて…。

 

 

室井 出すぎる? どういう意味?

 

 

根来 コルチゾールはストレスホルモンともいわれていて、ストレスに対抗して血圧や血糖値を上げる働きがあるんです。

そのため、ストレスが続くと逆に太る方向に作用してしまうんですね。

 

 

室井 おもしろーい。私、肥満のちょっと手前なんですよ。

見かけもそうですが、数字的にもそうで。

 

 

根来 コレステロールはホルモンの原料にもなるので、ある程度高めなのはいいんですよ。

 

 

室井 最近、やせ過ぎより小太りのほうがいいって聞くから、内心ちょうどいいのかなとも思ってたんです(笑)。

 

 

根来 ただ、増え過ぎると、血管の中に酸化したコレステロールがこびりつき始めて、弊害が出てきますからね。でも、今ぐらいであればすぐに引き戻せますよ。睡眠を見直して、あとは食事も重要です。

 

 

室井 食べることが大好きなので、実は食事には相当気を使っていまして。

まず、1日30品目以上必ず食べます。

朝は8時から行きつけの喫茶店でモーニング。家にいる時は昼夜しっかり食べて、昼食は1時までにすませます。夕食も9時までにはすませますね。

ドラマに入っているときは、スタジオに小さな炊飯器を持ち込んで、お米を炊くんです。おかずに、お豆腐を買ってきて食べたりしていますね。

 

 

根来 かなり理想的ですね。三食規則正しく食べると体内時計も整うんですよ。

 

 

室井 腹時計には自信があります。朝昼晩きっちりお腹がすくんです。

 

 

根来 それは体内時計がきちんと働いている証拠。体内時計が整うと、

毛細血管が開いたり閉じたりするリズムも整い、血流が改善し、冷えや便秘が解消されます。

 

 

室井 確かに、冬でも裸足で平気だし、毎朝快便ですもん。

 

Dr.negoro_photo

 

 

腹式呼吸の深い呼吸が

自律神経を整えて

毛細血管力を高めます

 

根来 では、運動はいかがですか?

 

 

室井 忙しいので運動する時間もあまりないけど、家が広めなので階段の上り下りは毎日相当してます。

あとはママチャリを乗り回しているから足腰は丈夫です。

 

 

根来 いいですね。毛細血管を増やすには酸素の刺激が必要で、筋トレ+有酸素運動が最も有効です。眠っていた毛細血管が酸素や栄養を筋肉に運ぶために目覚め、継続すれば新しい毛細血管がつくられるんですよ。

 

 

室井 そうなんですか。そういえば私、血中酸素濃度がめちゃめちゃ高いの。若い頃に、舞台をかなりやっていて、そのときに腹式呼吸をしっかりマスターしたのがよかったのかも。

 

 

根来 呼吸法は自律神経を自分でコントロールする唯一の方法なんです。

深い呼吸で息を吐くときに、横隔膜にある副交感神経のセンサーが刺激され、副交感神経が優位になる。だから、寝る前に腹式呼吸をすると体がリラックスモードになって、自然と眠りに入っていけるんです。

 

 

室井 私は目を閉じるとあっという間に眠れるんですけど、寝る間際にすごく呼吸が深くなっているのがわかりますね。

 

 

根来 それはすばらしい。室井さんは、腹式呼吸が身についているから、酸素を取り込む肺の毛細血管が発達しているのだと思います。

 

Dr.negoro_photo

 

 

室井 あとはお風呂好きなのも、毛細血管にいいのでは?

どんなに眠くても湯船にだけはつかるんです。

銭湯も大好きで、マイロッカーを借りてるくらい(笑)。

 

 

根来 寝る時間を確保するためにシャワーですませる人も多いのですが、10分でもいいのでぬるめのお湯をはった湯船につかるといいんです。

副交感神経が刺激されて末梢の毛細血管までしっかり開き、睡眠中の体の修復・再生が促されます。

 

 

室井 直感的に体にいいと思ってやっていたことが、結果的に毛細血管ケアにつながっていたんですね。

だからハードワークのわりには、元気でいられるのかな。

 

 

根来 そう思います。あとは睡眠を少し工夫されれば、10年、20年と元気にお仕事が続けられますよ。健康に生きていくためにまず考えるべきことは、いかに全身の毛細血管の健康を保って、全身の細胞を健全に働かせるかです。

僕の本では、毛細血管ケアの具体的な方法もたくさん紹介したので、ぜひ参考にしてください。

 

 

室井 参考書にして精進します!

 

 

パリ&ハーバード大学 根来教授の特別授業
「毛細血管」を増やすが勝ち!
根来秀行  1350円(税込) / 集英社

 

Dr.negoro_photo

世界を股にかけて活躍する根来教授の特別授業が一冊に! 1時限目 老化は毛細血管からやってくる 2時限目 毛細血管が若返るアンチエイジング・ホルモン 3時限目 毛細血管は自律神経に支配されている 4時限目 増える! 若返る! 毛細血管ケア 毛細血管を軸に、アンチエイジング・ホルモン、時計遺伝子、自律神経など最新のトピックを立体的にわかりやすく解説。健全な毛細血管を手に入れるための実習も満載。読むほどに毛細血管の精緻なしくみにワクワクし、理解を深めるほどに体も心もすこやかになれること請け合いです

 

 

 

 

 

 

それでは、今日も素敵な1日を!

 

 

Dr.negoro_photo

 

 

 

 

構成・文/石丸久美子 撮影/角守裕二
ヘア&メイク/鈴木将夫(MAVEE)(室井さん)
スタイリスト/中井綾子(crêpe)(室井さん)
撮影協力/徳真会QUARTZ TOWER

<前の記事

<前の記事
第56回/「毛細血管」は増やすが勝ち!/根来教授×室井滋さん対談 2…

次の記事>

次の記事>
第58回/世界が注目!Dr.根来の腎臓研究最前線/Dr.根来の体内向上プロジェクト…

この連載の最新記事

30回嚙んで視床下部の酸化を防ぐ!

第97回/30回嚙んで視床下部の酸化を防ぐ!

脳内たんぱく質がパフォーマンスを上げる!

第96回/脳内たんぱく質がパフォーマンスを上げる!

睡眠&覚醒中枢を調整する眠り方教えます!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

第95回/睡眠&覚醒中枢を調整する眠り方教えます!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル