冷えも腎臓によくないですか?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

プロフィール写真

1967年生まれ。最新刊『ハーバード&パリ大学 根来教授の特別授業「毛細血管」は増やすが勝ち!』(集英社)が好評発売中!ハーバード大学医学部内科客員教授、パリ大学医学部客員教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、世界の最先端で臨床・研究・医学教育にあたる。

いし こんにちは。ぐうたらライターのいしまるこです。
腎臓の専門医でもある根来教授による「腎臓よろず相談室」も、今回でいよいよ最終回ですよ。
最後の質問は山形県天童市のMさんより、
冷え性なのですが、冷えも腎臓によくないですか?
というご質問です。

 

 

根来 こんにちは。根来秀行です。
冷えを自覚している女性はとても多いですね。

 

 

いし ハイハイ! いしまるこもです!
「冷えは万病の元」とも言いますから、腎臓にもよくないんでしょうねぇ。

 

 

根来 そうですね。通常の環境レベルで、冷えが直接腎臓と関係するということではないですが、腎臓は毛細血管の集合体ですから、冷えて血流が悪いような状態だと毛細血管への血流も低下して、自ずと腎臓の負担になる可能性もあります。

 

 

いし やっぱりなー。

 

 

根来 冷えやすい人は、ハラマキをして腰まわりを冷やさないのもひとつの方法でしょう。

 

 

いし シルクなどの薄手の腹巻きもありますしね。
いしまるこも愛用していますよ。

 

 

根来 夜はゆっくり湯船に浸かることをおすすめします。

 

 

いし お湯の温度はどれくらいが適温ですか?

 

 

根来 お風呂の温度が熱すぎると、交感神経が優位になって、睡眠の妨げになってしまいます。お湯の温度はぬるめに設定しましょう。夏は38〜40度、冬は、38〜41度くらいが適温です。腎機能障害や血圧障害、高血糖がある人は、浴室の中と外の寒暖差があると危険なので注意しましょう。

 

また、入浴後におすすめなのはストレッチ。腹式呼吸をしながら腎臓のあたりに手を当てて、背中を反らしたり、前屈をすると、腰まわりのこわばった筋肉がほぐれて、腎臓の血流もよくなりますよ。

Dr.negoro_Ill

いし 今日からやってみます!

 

シェア ツイート LINEで送る
第65回
冷えも腎臓によくないですか?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top