その疲れ、副腎疲労かも!?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

プロフィール写真

1967年生まれ。最新刊『ハーバード&パリ大学 根来教授の特別授業「毛細血管」は増やすが勝ち!』(集英社)が好評発売中!ハーバード大学医学部内科客員教授、パリ大学医学部客員教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、世界の最先端で臨床・研究・医学教育にあたる。

いし こんにちは。ちょっとご無沙汰しちゃってすみません、ぐうたらライターのいしまるこです。

ハーバード大学医学部教授・根来秀行ドクターによるカラダ年齢若返り企画第7弾「副腎年齢を若返らせる!」の3回目ですよ。

 

 

 

根来 こんにちは。根来秀行です。

今回は「副腎疲労=アドレナル・ファティーグ」についてさらに解説します。

 

 

 

いし 耳慣れない言葉ですねぇ。

 

 

 

根来 それもそのはず、日本の医学界ではあまり認知されていないのです。

副腎機能が極端に低い「アジソン病」や、副腎機能が極端に高い「クッシング病」のように病名がつけば保険が適応されますが、副腎疲労は病気の手前、いわば「未病の状態」とされ、一般の医療機関では扱われていません。

 

 

 

いし そうなんですね。

 

 

 

根来 最近、いくつかのアンチエイジングクリニックが自由診療で診るようになりました。

 

 

 

いし 自分でわかる自覚症状とかはないんですか?

 

 

 

根来 簡単なチェックリストがありますが、やってみますか?

 

 

 

いし やります!やります!

 

 

 

チェックリストは次のページに!

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第68回
その疲れ、副腎疲労かも!?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top