OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

その疲れ、副腎疲労かも!?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

根来秀行教授

根来秀行教授

1967年、東京都生まれ。『ハーバード&パリ大学 根来教授の特別授業「毛細血管」は増やすが勝ち!』(集英社)は版を重ね、台湾、韓国でも翻訳され好評発売中! ハーバード大学医学部Lecturer on Medicine、ソルボンヌ大学医学部客員教授、奈良県立医科大学医学部客員教授、杏林大学医学部客員教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、最先端の臨床・研究・医学教育の分野で国際的に活躍中。

記事一覧を見る

いし こんにちは。ちょっとご無沙汰しちゃってすみません、ぐうたらライターのいしまるこです。

ハーバード大学医学部教授・根来秀行ドクターによるカラダ年齢若返り企画第7弾「副腎年齢を若返らせる!」の3回目ですよ。

 

 

 

根来 こんにちは。根来秀行です。

今回は「副腎疲労=アドレナル・ファティーグ」についてさらに解説します。

 

 

 

いし 耳慣れない言葉ですねぇ。

 

 

 

根来 それもそのはず、日本の医学界ではあまり認知されていないのです。

副腎機能が極端に低い「アジソン病」や、副腎機能が極端に高い「クッシング病」のように病名がつけば保険が適応されますが、副腎疲労は病気の手前、いわば「未病の状態」とされ、一般の医療機関では扱われていません。

 

 

 

いし そうなんですね。

 

 

 

根来 最近、いくつかのアンチエイジングクリニックが自由診療で診るようになりました。

 

 

 

いし 自分でわかる自覚症状とかはないんですか?

 

 

 

根来 簡単なチェックリストがありますが、やってみますか?

 

 

 

いし やります!やります!

 

 

 

チェックリストは次のページに!

<前の記事

<前の記事
第67回/更年期には副腎機能も落ちやすい!/Dr.根来の体内向上プロジェクト…

次の記事>

次の記事>
第69回/夜更かし返上で副腎ホルモンを正常に!/Dr.根来の体内向上プロジェクト…

この連載の最新記事

睡眠&覚醒中枢を調整する眠り方教えます!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

第95回/睡眠&覚醒中枢を調整する眠り方教えます!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

脳のゴミ出し機能をフル稼働させる眠り方は?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

第94回/脳のゴミ出し機能をフル稼働させる眠り方は?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

脳細胞の陰の主役「グリア細胞」とは?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

第93回/脳細胞の陰の主役「グリア細胞」とは?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル