歩く瞑想で副腎ストレスをスルー/Dr.根来の体内向上プロジェクト

プロフィール写真

1967年、東京都生まれ。『ハーバード&パリ大学 根来教授の特別授業「毛細血管」は増やすが勝ち!』(集英社)は版を重ね、台湾、韓国でも翻訳され好評発売中! ハーバード大学医学部Lecturer on Medicine、ソルボンヌ大学医学部客員教授、奈良県立医科大学医学部客員教授、杏林大学医学部客員教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、最先端の臨床・研究・医学教育の分野で国際的に活躍中。

いし こんにちは。ぐうたらライターのいしまるこです。

ハーバード大学医学部教授・根来秀行ドクターによるweb連載第7弾「副腎年齢を若返らせる!」の5回目ですよ。前回から、自分でできる副腎ケアをご紹介していただいています。

 

 

根来 こんにちは。根来秀行です。みなさん、副腎はお元気ですか?
副腎を疲れさせないためには、ストレスをためないことがいちばんですよ。

 

 

いし 現代人は何かと忙しいですからねえ。ストレスたまって、副腎も弱ってる人も多いのでは?

 

 

根来 ストレスとなっているものから距離を置ければいちばんいいのですが、現実はなかなかそうもいかないことのほうが多いですしね。

 

 

いし おっしゃる通り! どうすればいいんですか?

 

 

根来 最近、僕がすすめているのはマインドフルネスです。この連載でも何度か取り上げていますが、マインドフルネスは瞑想法の一種。ストレス対策として、アメリカの一流企業などでも取り入れられています。

 

 

いし その効果は科学的にも実証されているんですよね。

 

 

根来 ええ。ハーバード大学の研究でも、記憶力を司る海馬が活性化したり、脳の興奮を抑えられたりと、さまざまな効果が実証されています。

 

 

いし 先生も実験されたんですよね?

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第70回
歩く瞑想で副腎ストレスをスルー/Dr.根来の体内向上プロジェクト


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top