タフな心臓をも弱らせる冠動脈の老化/Dr.根来の体内向上プロジェクト

プロフィール写真

1967年生まれ。最新刊『ハーバード&パリ大学 根来教授の特別授業「毛細血管」は増やすが勝ち!』(集英社)が好評発売中!ハーバード大学医学部内科客員教授、パリ大学医学部客員教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、世界の最先端で臨床・研究・医学教育にあたる。

いし こんにちは。ぐうたらライターいしまるこです。
ハーバード大学医学部根来秀行教授による体内向上プロジェクトの新企画「心臓年齢を若返らせる!」の2回目ですよ。
心臓のことなんて普段まったく気にしていませんでしたが、前回の講義で、心臓に過酷な労働を日々強いていることを自覚して、なんだか申し訳ない気持ちになりました。

 

 

根来 こんにちは。根来秀行です。おっしゃる通り、からだって健気なんです。そして、本当によくできているでしょ。

 

 

いし そうですよねー。心筋細胞なんて130年くらいはもつんでしょ。
タフな細胞ですね!

 

 

…と、ここで突然ですが根来先生の近況をご報告。今はアメリカにいらっしゃいます。

 

Dr.negoro_photo

 

相当寒そうですね。顔に寒さが表れています。

「後ろに写っているのは、僕が勤めている、brigham&women’s hospital(ハーバード大学医学部の附属病院みたいな病院)です」

 

 

Dr.negoro_photo

 

 

 

根来 話を戻して、心筋細胞はタフではありますが、数は少しずつ減っていくんですよ。

 

 

いし 減っちゃうのかあ。

 

 

根来 はい。加齢とともに毛細血管の量が減ると、心臓に行く血液も減ってきて、酸素や栄養が不足し、脱落していく心筋細胞が出てくるんです。
それを補うために、残りの心筋細胞が大きくなって、心筋への圧を軽減させようとがんばる。そのため心臓は若干拡大し、心臓の壁が厚くなり、心房や心室が少しずつ大きくなる傾向にあります。

 

 

いし 心肥大ってことですか?

 

 

根来 はい。働きが悪くなった心臓を自らリモデリングするわけです。
しかし、しだいに対応しきれなくなり、心筋はだんだん柔軟さを失い硬くなり、血液を循環させる心臓のポンプ機能も低下します。
それでも、ほかに問題がなければ、致命的なことにはならないんです。

 

 

いし さすがに丈夫にできているんですね。
では、心臓のいちばんのネックはなんですか?

シェア ツイート LINEで送る
第74回
タフな心臓をも弱らせる冠動脈の老化/Dr.根来の体内向上プロジェクト

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top