命にかかわる怖い不整脈とは?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

プロフィール写真

1967年生まれ。最新刊『ハーバード&パリ大学 根来教授の特別授業「毛細血管」は増やすが勝ち!』(集英社)が好評発売中!ハーバード大学医学部内科客員教授、パリ大学医学部客員教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、世界の最先端で臨床・研究・医学教育にあたる。

いし こんにちは。ぐうたらライターいしまるこです。

ハーバード大学医学部根来秀行教授のweb講座「心臓年齢を若返らせる!」の7回目ですよ。前回予告した通り、怖ーい不整脈についてうかがいます。

 

 

 

根来 こんにちは。根来秀行です。前回もお話した通り、不整脈は年をとれば誰にでも起こりうるものですが、中には死に至る怖い不整脈もあるんですよ。

 

 

いし 具体的にはどんな不整脈ですか?

 

 

根来 最近増えている「心房細動」は、心房がけいれんしたように細かく震え、血液をうまく送り出せなくなる不整脈です。
動悸や胸の不快感などがありますが、症状が数分で終われば問題ありません。

 

 

いし あっ、そうなんですね。

 

 

根来 ただし、発作が続くと心房内に血栓ができ、それが脳に流れて脳梗塞を起こす危険があり、対策が必要になります。

 

 

いし Oh,No! それが一番怖い不整脈ですか?

 

 

根来 いえ、最も致死率の高い不整脈は「心室細動」です。
心室に非常に速くて不規則な電気的刺激が無数に発生して旋回し、心室が細かくけいれんします。心臓から血液が送り出されなくなるため、5~6秒で意識を失い、数分で死に至ります。

 

 

いし ひぃ〜。

 

 

根来 これらの不整脈が起きたときは、まわりにいる人がすぐに救急車を呼ぶとともに、AED(自動体外式除細動器)などによる緊急処置が必要になります。

Dr.negoro_Ill

いし その手前でなんとかせねば!
危険な不整脈にはどんな特徴がありますか?

 

シェア ツイート LINEで送る
第79回
命にかかわる怖い不整脈とは?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top