脈を整えて、健やかな心臓になるには?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

プロフィール写真

1967年、東京都生まれ。『ハーバード&パリ大学 根来教授の特別授業「毛細血管」は増やすが勝ち!』(集英社)は版を重ね、台湾、韓国でも翻訳され好評発売中! ハーバード大学医学部Lecturer on Medicine、ソルボンヌ大学医学部客員教授、奈良県立医科大学医学部客員教授、杏林大学医学部客員教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、最先端の臨床・研究・医学教育の分野で国際的に活躍中。

いし こんにちは。ぐうたらライターいしまるこです。暑さにかまけてご無沙汰してしまいました。

ハーバード大学医学部根来秀行教授のweb講座「心臓年齢を若返らせる!」もついに最終回。根来教授が脈を整えて心臓の働きをよくする秘策を伝授してくれるそうですよ。

 

 

根来 こんにちは。根来秀行です。脈を整えるには、心臓のリズムを生み出しているものにアプローチすればいいのですが、さて、それはなんでしょう?

 

 

いし またまた池上彰方式、いきなりの質問攻めですね。
でも大丈夫。前に習ったからわかりますよ。
心臓の拍動をコントロールしているのは自律神経です!

 

 

根来 正解です! 不整脈はとくに病気がなくても、自律神経を緊張させるような生活習慣によっても引き起こされます。

 

 

いし 寝不足とか、ストレスが多いとか?

 

 

根来 そうですね。ちょっと復習すると、自律神経には交感神経と副交感神経があり、「アクセルとブレーキ」のように働きます。
緊張したり興奮したりすると脈が速くなるのは、交感神経が心臓の拍動を速め、血液を大量に送り出すためです。

 

 

いし 交感神経がアクセルをふかして心臓を激しく働かせているわけですね。
怒りっぽい人は、心臓に負荷をかけてるってことだ。

 

 

根来 そういうことですね。一方、落ち着いたときにブレーキをかけて心拍数を下げるのは副交感神経です。

 

 

いし 副交感神経が優位なときは、のんびりリラックスしているんですよね。

 

 

 

根来 はい。ところがストレスフルな現代人は、常に交感神経優位に傾きがち。そのうえ、加齢により自律神経自体のトータルパワーも下がり気味です。
ですから、自律神経ケアを心掛けることが、脈を整え、心臓をケアすることにつながるわけです。

 

 

いし なるほど!

 

 

根来 自分で自律神経を整える唯一の手段は呼吸法です。不整脈のときは呼吸も浅くなり、胸痛などの痛みを助長しがちですが、ゆったりと深い呼吸を繰り返すことで、緊張がほぐれ、脈も心も自然と安定します。

 

 

いし おすすめの呼吸法はありますか?

 

 

根来 今回は脈が乱れているときでもできる「ストレスフリー丹田腹式呼吸」を紹介しましょう。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第81回
脈を整えて、健やかな心臓になるには?/Dr.根来の体内向上プロジェクト


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top