え? 唇も夏に老けるってホント!? どうしたらいい??

プロフィール写真

歯のホワイトニングを日本で広めた第一人者。明るく、フレンドリーなキャラクターから「さとこ先生」と呼ばれ親しまれている。
女性歯科医師ならではの、歯と体を美しく保つための食事や、歯が美しく見える口元メイクについてのアドバイスに定評がある。
女優・モデル・タレント・アナウンサーなど、多数のビューティーセレブからの信頼も厚い。
略歴
「ホワイトホワイト デンタルクリニック」院長。
2005年からミス・ユニバース・ジャパン ナショナルディレクターからの要請で、
オフィシャルサプライヤーとして歯をプロデュース。
同年、知花くららさんがミス・ユニバース世界大会第2位。
2007年には森理世さんがミス・ユニバース世界大会で日本人
48年ぶりの優勝を飾る。
また、2008年代表の美馬寛子さん、2009年代表の宮坂絵美里さんや、
2010年代表の板井麻衣子さんも大きな結果を残す。以降2012年まで務める。

 

お肌だけじゃないんです。唇も夏に老けるのです・・・( ;∀;)

 

 

梅雨明けしてからの、猛暑、天候不順。過酷な環境のジャパン。

 

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。美容系の話題は、ダイエット、はたまた、日焼け対策、夏に老けるお肌等・・・・。

 

口もとへの関心、薄っ・・・。

 

でもね。ここで、提言します。

 

ズバリ❣ 唇も夏に老けます。

 

何故か?

 

理由は、冷房などの空調による乾燥と紫外線が主な原因。

 

そして、もうひとつは、リップメイクの落とし残し汚れも唇の荒れや乾燥の原因を作ってしまいます。

 

ちょうど一年前に、唇のコラムを書きましたが、唇のためにしてはいけない3つのルール。思い出してみましょう。

 

NМKの法則ですよ。

 

唇は、舐めない(N)剥かない(М)こすらない(K)でございます。

 

唇は皮膚のように皮脂腺がなく、水分を保持する角質層が薄くて荒れやすいデリケートゾーン。でも、毎日飲食、メイク、ゴシゴシと拭く、乾くと舐める、皮がむけたらば汚れた指先でむく・・・。

 

唇、頑張ってますね(涙)。

 

それでも、健気な唇。お肌より短いターンオーバー(約5日)で、なんとか乗り切ってくれてます。

 

しかし、この真夏の強烈な紫外線は唇を日焼けさせます。お肌には気をつけていても、唇、見逃してませんか?

 

唇も日焼けから守ろう

 

唇は、いつの間にか日焼け、します。アウトドアでの飲食や、レジャーでも唇は意外と無防備ですね。

 

で、日焼けして、乾燥がひどくなると唇をなめて改善する癖がつきます。

 

唾液の刺激と唾液の蒸発でさらに水分が蒸発すると、ますます乾燥します。皮脂膜がない無防備な唇は乾燥にとても弱いので、口唇炎や感染症を引き寄せてしまうこともあるのです。

 

アウトドアやレジャーを楽しむ前に、唇も日焼け対策を。

 

わたしは、ココアバター(カカオバター)が配合されたリップクリームを小まめに塗ります。

 

ココアバターは火傷や炎症を抑える効果とともに、日焼けから守る役目もあるのです。チョコレートの香りもなんだか嬉しい気分になるので、オススメです。

 

上のリップバームはココアバター配合SPF15。オーストラリアでゲットしましたが、人気商品のよう。紫外線大国ならではなんですよね。下のココアバターは歯科専用。唇の保湿から、粘膜のガードまでマルチに使える歯医者の味方のクリーム。メイドインジャパンです。私の子供の頃から、歯医者の両親もヘビロテしてました。香りがチョコレートで、大好きで時々、こっそり使ってました☺

 

唇のエステって!? どう変わる?

 

シェア ツイート LINEで送る

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top