中性脂肪と口もとのために気をつけたい「さ・し・す」とは!? 

 

では、いよいよ最後に行きますよ~。

 

「さ・し・す」の「す」は、

スイーツの「す」!

 

私も大好きスイーツですが、カラダ的には、お砂糖は血糖値を急に上げ、インスリンというホルモンを増やし、体内に余った糖を内臓脂肪にため込みますね。

 

場合によっては、2、3日食べ過ぎると、増えると言われてます。最近では、このようなカラダの現状をお医者様たちが触れていますので、皆さんも認識されていると思います。

 

それにしても、2、3日の油断が、内臓脂肪に変化し、カラダの内側だけでなく、外側にもお腹ポッコリ・・・なんて、考えたらスイーツ、本当に怖いですよね。

 

当然ながら、スイーツは口もとの内部の環境破壊を進ませる原因のナンバー1です。たとえば、今の季節。

 

 

冷たくて甘いソフトクリーム❣美味しいですよね~テレビの情報番組でも、どこそこの生乳たっぷりのソフトクリームなんて、魅力ありすぎです。が、この中に糖分もたっぷり。ソフトクリーム100gになんと21g。

 

厳しいと言われるWHOのガイドラインでは、一日の砂糖の摂取量が25g未満。ソフトクリーム一個で、一日の糖分を満たす・・・。書いてる私も、この夏は、ソフトクリーム、一個だけにしようかしら、なんて考えちゃいますよ。

 

あ、問題は口中です。その、ソフトクリームのお砂糖は、歯にこびりつきます。そこに虫歯の菌ミュータンスが、糖分を分解し、酸をだしながら安住し、歯のエナメル質を破壊しながら増殖して虫歯作りに精を出すのです。

 

ああ・・・。段々砂糖が嫌になってきました・・・。スイーツは、カラダの内外、口中のバランスを崩すことが何となくわかってきましたね。

 

 

もうひとつ。夏にあるある、口中の天敵は?

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top