OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

肺のよどんだ空気を吐き出す呼吸法/Dr.根来の体内向上プロジェクト

根来秀行教授

根来秀行教授

1967年、東京都生まれ。『ハーバード&パリ大学 根来教授の特別授業「毛細血管」は増やすが勝ち!』(集英社)は版を重ね、台湾、韓国でも翻訳され好評発売中! ハーバード大学医学部Lecturer on Medicine、ソルボンヌ大学医学部客員教授、奈良県立医科大学医学部客員教授、杏林大学医学部客員教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、最先端の臨床・研究・医学教育の分野で国際的に活躍中。

記事一覧を見る

根来 同時に、横隔膜を大きく動かしながら腹式呼吸をすればより効果的。

 

 

いし 横隔膜は肋骨の下部全体を覆うアーチ状の筋肉ですよね。

 

 

根来 その通り。横隔膜が縮んで下がることで胸郭(肋骨周辺の骨格)が広がって空気が取り込まれ、横隔膜がゆるんで上がることにより肺が圧迫され、空気が吐き出されます。

 

横隔膜は自律神経が集まった自律神経のセンサーのような場所です。横隔膜をしっかり動かすことで、交感神経が鎮まり副交感下神経が優位になり、心身をリラックスさせて深い呼吸に導きます。

 

 

いつでもどこでもできるので、ぜひ習慣にしてくださいね。

 

 

いし はーい!

 

 

口すぼめ腹式呼吸

 

Dr.negoro_Ill

1. 頭の中で「1、2、3、4」と4つ数えながら、鼻から深く息を吸います。吸った息で横隔膜が下がってお腹が少しずつふくらんでいくのを意識して。2. 口を軽く閉じて、横笛を吹くようなイメージで口角を左右に引きます。薄く開いた唇の隙間から、ゆっくりと8つ数えながら息を細く長く吐き出して。ロウソクの火を揺らすくらいのイメージで。息を吐きながら、横隔膜が上がってお腹が少しずつ引っ込むのを意識すること

 

 

 

 

 

 

 

それではみなさん、今日も素敵な1日を!

 

Dr.negoro_photo

 

 

 

(次回は、「なかよしカラオケで呼吸機能をUP!」です。お楽しみに!)

 

取材・文/石丸久美子 撮影/森山竜男 イラスト/浅生ハルミン

<前の記事

<前の記事
第87回/風船をふくらまして肺活量UP!/Dr.根来の体内向上プロジェクト…

次の記事>

次の記事>
第89回/なかよしカラオケで呼吸機能をUP!/Dr.根来の体内向上プロジェクト…

この連載の最新記事

睡眠&覚醒中枢を調整する眠り方教えます!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

第95回/睡眠&覚醒中枢を調整する眠り方教えます!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

脳のゴミ出し機能をフル稼働させる眠り方は?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

第94回/脳のゴミ出し機能をフル稼働させる眠り方は?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

脳細胞の陰の主役「グリア細胞」とは?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

第93回/脳細胞の陰の主役「グリア細胞」とは?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル