OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/doctor_blog/157566/

胸郭をほぐして呼吸筋ストレッチ!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

根来秀行教授

根来秀行教授

1967年、東京都生まれ。『ハーバード&パリ大学 根来教授の特別授業「毛細血管」は増やすが勝ち!』(集英社)は版を重ね、台湾、韓国でも翻訳され好評発売中! ハーバード大学医学部PKD Center Visiting Professor、ソルボンヌ大学医学部客員教授、奈良県立医科大学医学部客員教授、杏林大学医学部客員教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、最先端の臨床・研究・医学教育の分野で国際的に活躍中。

記事一覧を見る

いし こんにちは。ぐうたらライターのいしまるこです。
ハーバード大学医学部根来秀行教授のweb講座「肺年齢を若返らせる!」もいよいよ最終回ですよ。

 

 

根来 こんにちは。根来秀行です。今回は、呼吸筋を気持ちよーくストレッチする胸郭ほぐしをご紹介しましょう。

 

 

いし 胸郭というのは胸部の骨格、胸椎や胸骨、肋骨で構成される部位のことですね。

 

 

根来 そうです。呼吸に必要な肋骨の間の筋肉や横隔膜は、胸郭の中にあります。胸郭が適切に動くことが、ゆったりとした深い呼吸につながります。

 

 

いし それはイメージしやすいですね。

 

 

根来 ところが、悪い姿勢をとり続けていると、呼吸筋がこり固まってしまい、胸郭をしっかり広げることができず、浅く短い呼吸になってしまいます。
胸郭をしっかり開くストレッチすることで、呼吸筋が活性化し、胸郭の動きが大きくなります。

 

 

いし なるほど。

 

 

根来 また、呼吸の際に胸郭が動くと同時に肩甲骨が動きます。肩甲骨をよく動かすと、胸や肩まわりの筋肉がほぐれ、胸郭の動きもしなやかになります。

 

 

「胸郭ほぐし」のやり方は次のページへ!

胸郭ほぐし

 

Dr.negoro_Ill

1 椅子に座り背筋を伸ばし、胸の前で手を組みます。ゆっくりと息を吐きながら、前に腕を伸ばすと同時に骨盤を後傾させます。左右の肩甲骨の間が気持ちよく開いていくのを感じて

 

Dr.negoro_Ill

2ゆっくりと息を吸うのに合わせて、骨盤を前傾させながら、組んだ手を胸の下に引き寄せていきます。左右の肩甲骨が背骨に寄って、胸郭が気持ちよく開くのを感じて。ただし、腰を無理に反らせすぎないように注意すること。1と2を呼吸に合わせて5回ずつ繰り返します

 

Dr.negoro_Ill

3両肘を曲げ、指先を左右の肩先にのせ、肩甲骨を寄せて胸を張ります。両肘で大きく円を描くように、腕全体を前から後ろへ5回まわします。反対まわしも同様に

 

 

いし 気持ちいいー。肩や背中のこりもほぐれるなあ。
姿勢がよくなって、自然と呼吸が深くなっていきますよ。

 

 

根来 気がついたときに、いつでもやってみてくださいね。

 

それではみなさん、今日も素敵な1日を!

 

Dr.negoro_photo

 

 

 

(次回の連載テーマは「脳年齢を若返らせる!」です。お楽しみに!)

 

取材・文/石丸久美子 撮影/森山竜男 イラスト/浅生ハルミン

<前の記事

<前の記事
第89回/なかよしカラオケで呼吸機能をUP!/Dr.根来の体内向上プロジェクト…

次の記事>

次の記事>
第91回/視床下部が老化速度を左右する!?/Dr.根来の体内向上プロジェクト…

この連載の最新記事

睡眠&覚醒中枢を調整する眠り方教えます!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

第95回/睡眠&覚醒中枢を調整する眠り方教えます!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

脳のゴミ出し機能をフル稼働させる眠り方は?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

第94回/脳のゴミ出し機能をフル稼働させる眠り方は?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

脳細胞の陰の主役「グリア細胞」とは?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

第93回/脳細胞の陰の主役「グリア細胞」とは?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル