強い骨プロジェクト⑫骨の糖化は骨折リスクを高める!?

プロフィール写真

斎藤 充さん

東京慈恵会医科大学 整形外科学講座准教授・診療部長。厚生労働省薬事・食品衛生審議会専門委員。専門は膝関節外科、骨・軟骨代謝で、骨の糖化の研究を重ね、論文を多数発表

前回は、骨の強さは骨密度に加えて、骨質が大切であることを知りました。今回は、骨質を判断する基準についてみていきます。

 

強い骨プロジェクト⑫

 

骨の糖化が原因の骨折は
決して稀なことではない

骨質を判断するマーカーはあるのでしょうか?

 

「骨コラーゲンの代表的なAGEs※はペントシジンという物質です。また、酸化ストレスを受けると、血液中のホモシステインという物質の濃度が高くなります」

※タンパク質の糖化反応(メイラード反応)によってつくられる生成物

 

これらの物質が骨質を知る指標になると、斎藤先生たちの研究グループが発表。欧米や日本でも大規模な研究がされた結果、骨粗しょう症は3つのタイプに分けられること、そして、これらが「骨密度も骨質もよい人」と比べて骨折リスクがどれほど上がるかを割り出した結果があります。

 

① 低骨密度型(3.6倍)。
② 骨質劣化型(1.5倍)。
③ 低骨密度+骨質劣化型(7.2倍)。

 

「この結果からわかる通り、低骨密度型と骨質劣化型のダブルパンチになると、骨折リスクが非常に高まることが判明しました。しかも、その比率は、①:②:③=5:3:2となり、骨質劣化型が決して珍しいものではないことも明らかになりました」

 

特に日本人は遺伝的に、骨質を悪くするホモシステインが高くなる体質の人が多いそうなので、積極的に骨質の維持を心がけることが必要です。

 

 

 

次ページで、タイプ別骨折リスクと骨糖化のキーワードをまとめました。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第12回
強い骨プロジェクト⑫骨の糖化は骨折リスクを高める!?


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top