強い骨プロジェクト⑬まずは自分の骨の基準値を知ろう!


前回までに、50歳は骨の曲がり角であるさまざまな要因についてみてきました。では、ここからは今から実践しておきたい骨を守る方法についてご紹介します。

 

強い骨プロジェクト⑬

 

近い将来、骨の劣化タイプに
合わせた医療が可能に?

 

私たちは今、骨のためにどんなことに気をつけて、何をしたらいいのでしょうか?

 

「骨の老化は特に自覚症状はありません。骨密度は閉経前の月経が不順になる頃から低下しはじめます。まずはその前に一度、自分の基準値を知っておくといいでしょう。次に閉経した頃に測り、下がり具合を確認し、その後は定期的に観察していくのがおすすめです」(佐藤先生)

 

 

骨密度を測定する方法は、いくつかありますが、最も正確で、確定診断が下せるのが「DXA(デキサ)法(二重エネルギーX線吸収測定法)」です。腰椎や太もも付け根の大腿骨、手首の橈骨遠位端(とうこつえんいたん)で測るのが一般的です。ただし、計測には痛みや骨折などの症状がなければ保険がきかず、実費になります。また、機器が備わっている施設が限られます。

 

ほかに気軽に受けられるMD法(両手のX線撮影法)、QUS法(超音波法)などがありますが、精度は高くありません。
骨粗しょう症の診断は、20~44歳の平均値「YAM値」と比較します。骨密度がYAM値の80%以上が正常。70~80%なら骨量減少。70%未満、もしくは80%未満でも脆弱性骨折があれば、骨粗しょう症と診断されます。YAM値が70~80%だったら、早めの対処が必要です。

 

しかしながら、前ページで触れた通り、骨の強度は「骨密度+骨質」です。この「骨質」がどんな状態かを知るためには、血液中のホモシステインか、尿中か血液中のペントシジンを測る「骨質検査」で判定します。実施しているのは、まだほんの一部の医療機関に限られ、骨粗しょう症に対しては保険適用外ですが、これを保険適用で検査できるようになる日は、そう遠くなさそうです。

 

「そうなれば、低骨密度型か、骨質劣化型かなどのタイプによって、テーラーメイドの医療が可能になります。例えば、骨粗しょう症の治療薬には骨密度を高めるように働くものと、骨質を高めるものがあるので、それを使い分けることができるのです」(斎藤先生)

 

 

佐藤公一さん

佐藤整形外科院長。スポーツ整形外科、膝関節外科、骨粗しょう症が専門分野。ロコモチャレンジ! 推進協議会副委員長を務めるなど、運動器の衰えを防ぐ活動にも尽力

 

 

 

斎藤 充さ

東京慈恵会医科大学 整形外科学講座准教授・診療部長。厚生労働省薬事・食品衛生審議会専門委員。専門は膝関節外科、骨・軟骨代謝で、骨の糖化の研究を重ね、論文を多数発表

 

 

次ページで、骨密度の検査法をまとめました。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第13回
強い骨プロジェクト⑬まずは自分の骨の基準値を知ろう!


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top