気になる? どうする? ほうれい線問題! Part①

プロフィール写真

歯のホワイトニングを日本で広めた第一人者。明るく、フレンドリーなキャラクターから「さとこ先生」と呼ばれ親しまれている。
女性歯科医師ならではの、歯と体を美しく保つための食事や、歯が美しく見える口元メイクについてのアドバイスに定評がある。
女優・モデル・タレント・アナウンサーなど、多数のビューティーセレブからの信頼も厚い。
略歴
「ホワイトホワイト デンタルクリニック」院長。
2005年からミス・ユニバース・ジャパン ナショナルディレクターからの要請で、
オフィシャルサプライヤーとして歯をプロデュース。
同年、知花くららさんがミス・ユニバース世界大会第2位。
2007年には森理世さんがミス・ユニバース世界大会で日本人
48年ぶりの優勝を飾る。
また、2008年代表の美馬寛子さん、2009年代表の宮坂絵美里さんや、
2010年代表の板井麻衣子さんも大きな結果を残す。以降2012年まで務める。

 

OurAge読者の皆様。明けましておめでとうございます。

 

今年も、益々と皆様が美とご機嫌な口もとになりますように精進致します。どうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、年末年始もあれよあれよという間に過ぎました。毎年のように気になるのは、お正月太りや、顔のむくみですが、今回はもう少しピンポイントに照準を当てまして、気になる口もと周りの、あの、ほうれい線についてお話を進めていきますね❣

 

欧米人は気にしてる?ほうれい線。

 

欧米人の有名人の中でも、ほうれい線で思いつくスターというと、ブルース・ウィルスとか。なんか、マッチョでカッコイイからほうれい線ってイメージが無いかもしれませんが、写真を見ると、クッキリ。

ほうれい線って、英語ではラフライン・リンクルとか、笑った時の笑い皺のイメージがあるみたいですね。

 

欧米人の友人たちなどは、ほうれい線というよりも、唇周りの皺とか、ターキーズネックという首周りの皺、たるみとか、目元の深い皺を気にしているパターンがほとんどで、ほうれい線はそこまで・・・というかんじです。

 

皮膚科のお医者さんによりますと、ほうれい線は頬周りの脂肪組織が老化して、下がってくると、頬がたるみ、皺を深く見せてしまうとのこと。

 

特に、この脂肪組織メーラーファットが多い人はほうれい線が出やすいとも。ただし、個人差がありますね。また、ほうれい線が気になるお国柄、文化の違いもありそうです。

 

そこで、ほうれい線ができるいくつかのポイントを上げていきます。

 

 

あなたも、もしかして、ほうれい線の出やすいクセが!?

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第17回
気になる? どうする? ほうれい線問題! Part①


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top