OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/doctor_blog/160326/

気になる? どうする? ほうれい線問題! Part①

石井さとこ

石井さとこ

歯科医・ 口もと美容スペシャリスト。

歯のホワイトニングを日本で広めた第一人者。明るく、フレンドリーなキャラクターから「さとこ先生」と呼ばれ親しまれている。
女性歯科医師ならではの、歯と体を美しく保つための食事や、歯が美しく見える口元メイクについてのアドバイスに定評がある。
女優・モデル・タレント・アナウンサーなど、多数のビューティーセレブからの信頼も厚い。最新刊は『美しい口もと』。

略歴
「ホワイトホワイト デンタルクリニック」院長。
2005年からミス・ユニバース・ジャパン ナショナルディレクターからの要請で、
オフィシャルサプライヤーとして歯をプロデュース。
同年、知花くららさんがミス・ユニバース世界大会第2位。
2007年には森理世さんがミス・ユニバース世界大会で日本人
48年ぶりの優勝を飾る。
また、2008年代表の美馬寛子さん、2009年代表の宮坂絵美里さんや、
2010年代表の板井麻衣子さんも大きな結果を残す。以降2012年まで務める。

 

記事一覧を見る

OurAge読者の皆様。明けましておめでとうございます。

 

今年も、益々と皆様が美とご機嫌な口もとになりますように精進致します。どうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、年末年始もあれよあれよという間に過ぎました。毎年のように気になるのは、お正月太りや、顔のむくみですが、今回はもう少しピンポイントに照準を当てまして、気になる口もと周りの、あの、ほうれい線についてお話を進めていきますね❣

 

欧米人は気にしてる?ほうれい線。

 

欧米人の有名人の中でも、ほうれい線で思いつくスターというと、ブルース・ウィルスとか。なんか、マッチョでカッコイイからほうれい線ってイメージが無いかもしれませんが、写真を見ると、クッキリ。

ほうれい線って、英語ではラフライン・リンクルとか、笑った時の笑い皺のイメージがあるみたいですね。

 

欧米人の友人たちなどは、ほうれい線というよりも、唇周りの皺とか、ターキーズネックという首周りの皺、たるみとか、目元の深い皺を気にしているパターンがほとんどで、ほうれい線はそこまで・・・というかんじです。

 

皮膚科のお医者さんによりますと、ほうれい線は頬周りの脂肪組織が老化して、下がってくると、頬がたるみ、皺を深く見せてしまうとのこと。

 

特に、この脂肪組織メーラーファットが多い人はほうれい線が出やすいとも。ただし、個人差がありますね。また、ほうれい線が気になるお国柄、文化の違いもありそうです。

 

そこで、ほうれい線ができるいくつかのポイントを上げていきます。

 

 

あなたも、もしかして、ほうれい線の出やすいクセが!?

 

 

あなたは大丈夫?

ほうれい線ができる5つの理由

 

1 うつむく姿勢が多い

 

毎日の些細な積み重ねが、顔周りのたるみや歪みを引き寄せることが多いのです。

 

特に口もと周りの筋肉は顔の筋肉の七割を占めているにもかかわらず、実際は使いこなしてないことがほとんど。

 

うつむく姿勢の原因には、スマホや、パソコンの使用。常に、下向きの顔を維持することで、結果、顔周り、口もと周りの血流が悪くなり、同時にリンパ液の流れも滞ってしまうと、筋肉の動きや働きも落ちてしまいます。

 

そして、その下向きたるみが頬の周りのほうれい線の皺に移行しやすくなりますね。

 

2 紫外線のダメージ

 

加齢とともに、長年の紫外線のダメージで、皮膚がたるみやすくなってきます。そのたるみがほうれい線を深く濃くします。

 

 

3 猫背、頬杖、姿勢の悪さ

 

ついつい習慣になりやすく、一見、ほうれい線のイメージとはほど遠い感じがしますが、実は猫背や下向きになりがちな悪い姿勢は、首周りの筋肉を圧迫し、リンパ液の流れを悪くします。

 

と同時に血流も滞らせながら、下あごを前に出し、首周りの筋肉を引き下げてしまいます。

 

結果、口もと周りの筋肉も下方に引き下げて、ほうれい線を色濃くすることがあります。

 

一方、頬杖は、片方の手で頬に圧力、負担がかかり、その蓄積が真皮、皮下脂肪にも影響を与えると言われてます。

 

真皮はコラーゲンが含まれるので、構造を壊すとハリがなくなり、皮下脂肪に圧力がかかると脂肪が移動するので、たるみやほうれい線の原因に。また、顔の片側にのみ圧力がかかると、頭蓋骨を含む骨格の歪みにもつながります。歪みは片側のほうれい線にも影響します。

 

まだまだある、こんなことでほうれい線が・・・!!

4 会話不足、噛む回数低下、偏った噛み方

 

話す、笑う、食事で良く噛むことは、顔の筋肉を沢山動かしてくれます。

 

最近は、簡単な食事、スマホの活用、会話不足で、筋肉の運動量が減り、口角下制筋や頬骨筋の働きが悪くなり、への字口になりがちに。唇周りが下がってしまうとほうれい線もできやすくなります。

 

また、食事で毎回片側ばかりで噛む癖があると、片側の筋肉だけが発達し、片方は落ちていくというアンバランスが生じてしまい、歪みや、片側の皮膚にしわや陰りを作り、たるみの陰影としてほうれい線が出ます。口もとの噛み癖と同時に、噛み合わせや、虫歯や歯周病の影響も考えられます。

 

5 眠る時の位置、枕の高さ

 

横向きや、枕の高さなども、皮膚の重みでほうれい線が出るとも言われてます。

 

この他にも、長年のポニーテールのヘアスタイルで、皮膚のたるみを引き寄せてしまうこともあるそうです。

 

一見、関係ないように思いがち。でも、なくて七癖。ついつい無意識にしている習慣が、長い時間の蓄積で皮膚の内部に影響したり、筋肉の働きが悪くなり、そこからの波及でたるみから来るほうれい線が出ることもあるわけです。

 

老いも若きも、スマホ片手に長時間。結果、姿勢歪みから来るほうれい線。口もとの運動量が極端に減り、いつの間にか顔がたるんでしまうなんて。

 

お肌や、ヘア、ネイルのお手入れは行き届いてても、長年の悪癖を少しずつでも修正していくとほうれい線の悩みも減ってくるような気がします。

 

私なんかも、同じです。ついついしがちな頬杖。あーやってるやってる!なくて七癖以上?やってるかもしれません・・・。

 

ついついしがちな頬杖。やめようと思います。

 

 

 

今や私たちの生活になくてはならないスマホやパソコン。長時間の使用も見直す必要がありそうですね。

 

それでは、具体的にどうすれば、ほうれい線を少しでも薄く、目立たなくすることが出来るのか?

 

最新リポート含めて次号でお話しますね☺

 

 

ほうれい線対策、最前線とは!? 次回をお楽しみに!!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★石井さとこ先生のクリニックは、 ホワイトホワイト(恵比寿店、ルミネ新宿店、ルミネ有楽町店)  

http://whitewhite.jp/

<前の記事

<前の記事
第16回/朝イチ、朝活、歯磨きでインフルエンザに勝つ!!…

次の記事>

次の記事>
第18回/【動画あり】気になる? どうする? ほうれい線問題! Part②舌回しエクササイズ編…

この連載の最新記事

デンタル界の新語大賞!?「落ちベロ」「口ゴボ」を知ってますか?

第23回/デンタル界の新語大賞!?「落ちベロ」「口ゴボ」を知ってますか?

笑顔の準備、できていますか?

第22回/笑顔の準備、できていますか?

TVでも話題!! 夏枯れ唇を”ふっくら唇”にして幸せを呼び寄せるには!?

第21回/TVでも話題!! 夏枯れ唇を”ふっくら唇”にして幸せを呼び寄せるには!?

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル