素敵女医の乾燥対策⑩/唾液をしっかり出して、口の中の乾きを防ぐ


これまで、歯科医、眼科医、婦人科医の乾きを巡る鼎談をご紹介してきました。ドライアイ、膣乾燥に続いて最終回となる今回は、ドライマウスがテーマです。

 

(右から順に)

日比野佐和子さん Sawako Hibino

48歳 内科・皮膚科・眼科
医療法人康梓会 Y’sサイエンスクリニック
「プラセンタはビタミンCと併用すると、さらに効果が高まります」

 

宝田恭子さん Kyoko Takarada

62歳 歯科 宝田歯科医院
「乾燥予防には睡眠も大切。肌に潤いを与える成長ホルモンが活発化する、22時~2時の熟睡を習慣に」

 

大原麻美さん Mami Ohara

45歳 産婦人科 大原医院
「日焼け対策、水分補給、熱い湯につからない、冬場でも水での手洗いなどを心がけ、乾燥を防いでいます」

 

 

 

 

唾液をしっかり出して

口の中の乾燥を予防

 

宝田 ドライマウスも問題ですね。年齢を重ねると皆さん、口が乾くとおっしゃるのですが、私が問題視しているのは、むせる、誤嚥(ごえん)といった症状です。人は口の中が唾液で潤っていないと発語がスムーズにいきませんし、ものを上手に飲み込むことができません。例えば、お二人は30秒で何回唾を飲み込めますか? 4回できれば十分ですが、高齢者の中には1回もできないという人もいます。話している途中でむせたりするのも、唾液の量が足りないためです。

 

 

大原 今後、唾液の分泌量は減る一方なのでしょうか?

 

宝田 きちんと機能を使っていけば、死ぬまで必要な唾液量を出せます。おすすめはテレビを見ているときなどに、耳の下にある唾液腺を手でさするようにマッサージすること。ここを刺激すると自然と唾液が出るようになります。口が乾いても、すぐに水を飲んだり飴をなめたりせず、まずはこのマッサージを習慣にして
みてください。ガムを嚙むのもいいですね。また口呼吸は口が乾きますから、鼻呼吸を習慣にしてください。

 

日比野 口の乾燥も日々の心がけ次第で防げると知り、安心しました。

 

 

次ページで、唾液を出すエクササイズをご紹介します。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top