素敵女医の目の不調解消法②老眼対策・矯正編:坪内利江子先生/ルテインは効果的な量をとる


老眼対策・矯正編

愛用者の多かったのがリーディンググラス(老眼鏡)。遊び心のあるデザインを選ぶ人が目立ちました。また、左右でコンタクトレンズの度数を変えるモノビジョンの人も。

 

(写真右から2番目)

坪内利江子さん Rieko Tsubouchi

57歳 皮膚科・美容皮膚科 銀座スキンクリニック

「近視と乱視と老眼の進行のバランスが変わり、以前のメガネが合わなくなりました」

 

 

坪内先生

近視・乱視・老眼が進行。眼精疲労も気になります

 

ルテインは効果的な量をとることが大切

14歳の頃から、コンタクトレンズを愛用している坪内先生。ソフト→ハード→ソフト→ワンデータイプ (約20年)のキャリアを持っています。ワンデータイプにしたのは「アレルギー性結膜炎がひどいので、清潔さを保つ目的で」とのことでした。

 

「眼科を受診し、緑内障、白内障、眼底検査などを受けましたが、特に問題がなかったので、手元がもう少しよく見えるようにリーディンググラスを作りました。ドライアイ対策には、防腐剤が入っていないヒアレイン点眼液などを使用しています」

1 装飾性が少ない、オリバーピープルズのリーディンググラス。患者さんにも好評です。

2 アルマミカの、個性的なデザインのもの。

3 現在のコンタクトレンズは、アルコンのデイリーズ トータル ワン。

 

 

眼精疲労で見えにくいときは、蒸気で温める市販のアイマスクを使用したり、ルテインをとる量を20㎎以上に増やして対応しているそう。

目のために、分子生理化学研究所のルテインのサプリを。1粒にルテイン15㎎、ビルベリーエキス125㎎が 配合されています。

 

 

「眼輪筋が痙攣(けいれん)するまで悪化した場合、マシンのペレヴェで温めながらほぐすこともあります」

 

 

撮影/永谷知也 ヘア&メイク/広瀬あつこ イラスト/ミック・イタヤ 取材・原文/上田恵子

 

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第2回
素敵女医の目の不調解消法②老眼対策・矯正編:坪内利江子先生/ルテインは効果的な量をとる


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top