OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/doctor_blog/172803/

TVでも話題!! 夏枯れ唇を”ふっくら唇”にして幸せを呼び寄せるには!?

石井さとこ

石井さとこ

歯科医・ 口もと美容スペシャリスト。

歯のホワイトニングを日本で広めた第一人者。明るく、フレンドリーなキャラクターから「さとこ先生」と呼ばれ親しまれている。
女性歯科医師ならではの、歯と体を美しく保つための食事や、歯が美しく見える口元メイクについてのアドバイスに定評がある。
女優・モデル・タレント・アナウンサーなど、多数のビューティーセレブからの信頼も厚い。最新刊は『美しい口もと』。

略歴
「ホワイトホワイト デンタルクリニック」院長。
2005年からミス・ユニバース・ジャパン ナショナルディレクターからの要請で、
オフィシャルサプライヤーとして歯をプロデュース。
同年、知花くららさんがミス・ユニバース世界大会第2位。
2007年には森理世さんがミス・ユニバース世界大会で日本人
48年ぶりの優勝を飾る。
また、2008年代表の美馬寛子さん、2009年代表の宮坂絵美里さんや、
2010年代表の板井麻衣子さんも大きな結果を残す。以降2012年まで務める。

OurAgeインタビュー「双子の子育てをしながら訪れた“3つの転機”で、世の女性たちに自信を持たせてくれる専門医に」はこちら

記事一覧を見る

改めまして。 令和元年✨おめでとうございます。昭和に生まれ、平成に結婚して、令和を迎える・・・。

 

長く生きてる感が半端ないなと染み入る気持ちが沸き起こりますが、ぼんやりしてるともう真夏のような日差しが降り注ぐ今日この頃です。

 

あの、抜け感?漂った連休モードや、皇室の祝福モードも、そろそろスィッチ。令和を美と健康に過ごすモードに切り替えていきたいと思います。

 

 

オンナは夏に老化する?

 

さて。日々、忍び寄る老化・・・ですが、特に毎年、夏を超える頃に何となく肌のくすみや、たるみを感じたり、体力低下を意識します。

 

真夏の環境は、外気と室内のエアコンの温度差や、乾燥、日焼けによる肌へのダメージが私たち熟年世代を追い込みますよね。

 

お肌のダメージには、十分過ぎるケアをするのに、なぜか口もとや唇のケアは忘れがちになっていませんか?

 

以前もお話をしたように、唇も夏に紫外線のダメージ、乾燥、体力の低下で老け込んでしまいがちなんです。

 

油断大敵!唇の乾燥

 

 

最近は、夏、冬と季節を問わず唇が乾燥して困る・・・という患者さんも増えています。

 

唇は口腔と直結していて、唾液が介在しているので、何となくいつも潤っているようにと思いますが、体の中でも特殊な”皮膚粘膜移行部”といって、粘膜に近いので、ふやけやすいだけ。

 

唇はデリケートだから、皮膚以上に乾燥しやすいのです。また、汗腺や毛包がなく、角層というバリア機能が薄いので、荒れやすい場所でもあります。

 

特に、外気の湿度に影響を受けやすく、冬の乾燥した空気や、夏のエアコンの乾燥で唇の乾きや荒れを訴える人が増えてますね。

 

同時に、夏といえば紫外線。肌が紫外線を浴びると水分保持機能が低下して乾燥が進むと同じく、唇もどんどん乾燥が進みます

 

さらに、悪いことに、唇は肌と違いメラニン色素が無いために、紫外線のダメージがお肌よりもダイレクトにきます。つまり、シミもしわも、唇の方が深刻な状況になりやすいのです。いくら、唇のターンオーバーが約5日といえども、無防備はNG。

 

また、口呼吸や、歯が常に唇に触れている状態も、唇の乾燥を引き寄せます。

 

 

習慣にしたい唇のデイリーケア

 

唇の荒れを訴える人の習慣には、唇をつい舐めるクセや、手でいじって皮をむくクセ、ゴシゴシと強い力でこすってしまう習慣があることも多いですね。以前もお伝えした

 

N なめない、M むかない、K こすらない、NMKの法則をまずは守ってください。

 

皮がむけたり、荒れがひどい時は口紅の使用を控えて、ワセリンなどで保湿ケアをするのも良いですね。また、飲食で取れてしまいがちなリップクリームを小まめに塗って補うのもポイント。

 

自分の唇の状態にきちんと向き合って、口紅やグロス、リップクリームを使い分けるのが大切です。

 

spf20のオールグッドリップバーム。ココナッツオイル配合です。ココナッツオイルは天然の日焼け止めとしても知られてまね。美味しそうな香りが、口もとにも心地良いです。nuのリップペンシルは柔らかなペンシルタイプでほんのりと輪郭を描いたり、優しい色合いがふっくらとした唇にみせてくれます。

 

タレント御用達、ふっくら&しっとり唇になるリップケアとは!?

 

 

夏に意外と多い、唇のトラブルは?

 

強い紫外線のダメージや、エアコンでの冷え、また体力低下で免疫機能が落ちた時に増えるのが、口唇ヘルペスです。

 

これは、単純ヘルペスウイルス1型によるもので、唇や皮膚との境目に細かな水疱ができて、ピリピリと痛く、違和感があります。タオルの使い回しで、家族に感染しますので、早めに病院への受診をおすすめします。

 

また、夏バテ状態からの、ビタミンB2不足や栄養の不足、胃の不調が原因になって現れる口角炎は、唇の口角に炎症やびらん、亀裂が発生し、口の開閉があるので治りにくいものです。

 

まずは栄養面を見直して、疲労をためないこと。

 

合わない義歯が原因になって発症することもあるので適切な歯の治療もおすすめします。

 

歯の治療中にも、唇の乾燥を訴える患者さんが増えています。そんな方には唇の保湿を兼ねたリップエステをおすすめしています。ふっくら、しっとり唇になるので好評です。

 

 

加齢でしぼんでいく唇・・・。ふっくら唇で幸せ顔に❣

 

最近、アラフィフだけでなく、アラフォー世代の女子も唇が薄くなった気がする・・・という相談を受けることが増えています。

 

そうなんです。アラフォー辺りから、唇のふっくら感が減っていきます。これは、やはり加齢でのコラーゲン減少が影響しているんですね。

 

特に、上唇。ここの、山型が若い時はキレイにクッキリとしていたのが、段々とぼんやりしていきます。メイクアップでも、「キューピットボウ(天使の弓)」という唇の山の部分を描くことでふっくらした唇をより美しく際立たせ、若々しい顔を仕上げられるようです。

 

最近では、しぼみ唇の解消にヒアルロン酸注入を施術するクリニックも増えているのは、やはりふっくら感を求めるニーズがあるからですね。

 

ヒアルロン酸注入に、違和感を感じる方はデンタルクリニック専用のリップエステ、リップるん?をお勧めします。

 

唇の汚れをビタミンC配合のクレンジングジェルで落としてから、保湿美容液を塗り、専用のマシーンでイオン導入する唇のエステです。

 

唇も赤みが回復して元気になります。ふっくらとツヤが出るので、とても心地よく幸せ顔に見せてくれます。

 

 

リップエステで保湿ケアをするだけで、ふっくら唇に変化します。下の写真がエステ前、上がエステ後です。ふっくらと「キューピットボウ」もキレイに出てます✨潤ってます✨

 

TVでリップるんを体験した新山千春さんが来院!

 

 

先日、『噂の現場急行バラエティー レディース有吉』(関西テレビ)で、リップエステを初体験、リポートしてくださったタレントの新山千春さん。

 

やはり、メイクでの唇の乾燥が気になるそうで、しっとり&可愛いふっくら唇になりたいと、クリニックにいらして下さいました。

 

 

 

リップエステ後は、口紅をつけていないのに、ふっくら唇になりました❣ キュートな笑顔が若々しいですね✨

 

日焼けや乾燥から守るケアをしている唇は、しっとりと瑞々しく、ハリがあります。また、乾燥による唇のトラブルも回避できると思います。

 

毎日のケアのなかに、唇ケアを上手に取り入れて、ふっくらとした唇を取り戻すと、ふんわり幸せ顔になって、自分も回りの人もハッピーに♥

 

あなたも本格的な夏に向けて、唇ケアを丁寧にしてくださいね。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★石井さとこ先生のクリニックは、 ホワイトホワイト(恵比寿店、ルミネ新宿店、ルミネ有楽町店)  

http://whitewhite.jp/

<前の記事

<前の記事
第20回/【動画あり】春の笑顔増量作戦! ②はにふえろエクササイズを実践!…

次の記事>

次の記事>
第22回/笑顔の準備、できていますか?…

この連載の最新記事

【動画あり】「マスク老け」の危機を回避!! 50代人気歯科医が簡単メソッド公開!! ②

第27回/【動画あり】「マスク老け」の危機を回避!! 50代人気歯科医が簡単メソッド公開!! ②

忍び寄る「マスク老け」の危機!! その3大兆候とは?  50代人気歯科医が指摘!!①

第26回/忍び寄る「マスク老け」の危機!! その3大兆候とは? 50代人気歯科医が指摘!!①

【動画あり】自粛の影響!? マスクの下に「顔たるみ」が!? 撃退エクササイズを50代人気歯科医が動画で公開!!

第25回/【動画あり】自粛の影響!? マスクの下に「顔たるみ」が!? 撃退エクササイズを50代人気歯科医が動画で公開!!

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル