OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/doctor_blog/35653/

かかとパタパタでふくらはぎを鍛える!/根来教授のアンチエイジングホルモン講座

根来秀行教授

根来秀行教授

1967年生まれ。ハーバード大学医学部内科客員教授、パリ大学医学部客員教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、世界を股に掛け活躍する気鋭の医学博士。

いし こんにちは、ぐうたらライターのいしまるこです。

今回からは、効率よく運動して3日坊主にならないための裏技を根来先生に教えていただきます。

 

 

根来 では、イスさえあれば、場所を選ばず、どこでもできる筋トレをご紹介しましょう。オフィスでデスクワークをしながら、電車やバス、タクシーでの移動中、テレビを観ながら、いつのまにか下半身が鍛えられますよ。

 

 

・かかとパタパタ

イスに座り、両足のかかとを同時に上げていき、つま先立ちになる。次に、両足のかかとを床に下ろす。この動きをふくらはぎの筋肉を意識しながら、なるべくゆっくり繰り返す。

 

ふくらはぎを鍛える運動 根来秀行おすすめ

 

 

いし これなら、ながらでできちゃいますね。 これって、ふくらはぎの筋肉を鍛える運動ですか?

 

 

根来 ハイ。ふくらはぎは心臓から遠いところの血液を循環させるポンプ役で、「第二の心臓」と呼ばれるほど、重要な部位です。

 

 

いし ふくらはぎをもむ健康法も流行りましたね。

 

 

根来 ふくらはぎをもむと、血流はよくなるし、毛細血管と並行して走っているリンパの流れもよくなるし、いいことだと思います。ただし、マッサージだけでは筋肉は鍛えられないんです。筋肉は負荷をかけることで育ち、それによって毛細血管も増えていきます。

ふくらはぎは「もむ」より「鍛える」です。

 

 

いし かかとパタパタ習慣にします!

 

 

 

根来  それでは皆さん、今日も素敵な1日を!

 根来秀行教授  

 

取材・文/石丸久美子 撮影/角守裕二 イラスト/浅生ハルミン

今すぐチェック!

【アンケートにご協力ください!】40~50代への推しオイル「アマニ油」を毎日摂るには?

【アンケートにご協力ください!】40~50代への推しオイル「アマニ油」を毎日摂るには?

PR
<前の記事

<前の記事
第25回/筋トレ後のウォーキングで脂肪メラメラ!/根来教授のアンチエイジングホルモン講座…

次の記事>

次の記事>
第27回/スクリーンタイムが多いほどダイエットに失敗する!?/根来教授のアンチエイジングホルモン講座…

この連載の最新記事

運動後はビタミン&ミネラル、アミノ酸を!/根来教授のアンチエイジングホルモン講座

第29回/運動後はビタミン&ミネラル、アミノ酸を!/根来教授のアンチエイジングホルモン講座

水の中は運動にもってこい!/根来教授のアンチエイジングホルモン講座

第28回/水の中は運動にもってこい!/根来教授のアンチエイジングホルモン講座

スクリーンタイムが多いほどダイエットに失敗する!?/根来教授のアンチエイジングホルモン講座

第27回/スクリーンタイムが多いほどダイエットに失敗する!?/根来教授のアンチエイジングホルモン講座

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル