今、知っておきたい骨のこと/「骨の健康基礎知識Q&A②」

プロフィール写真

細井孝之さん

健康院クリニック副院長、予防医療研究所所長。

専門分野は老年医学、抗加齢医学、骨粗しょう症などの骨代謝疾患。

東京都老人医療センター内分泌科部長、国立長寿医療研究センター臨床研究推進部長などを歴任。

近著『老化か? 病気か? それが問題だ。』(マガジンハウス)

「ロコモにならない宣言」

いつまでも美しい姿勢で、元気よく歩くために!

 

転ばぬ先の「美骨レッスン」

 

 

あなたは、自分の命が果てるそのときまで、元気でいる自信がありますか? 女性の平均寿命は今、86歳。でも健康寿命と呼ばれる「日常生活に制限のない期間」は、そこからマイナス13歳ともいわれています。

 

ロコモティブシンドローム(=運動器症候群)になると、要介護や寝たきりの生活に突入するスピードが加速。自分が思い描く人生を最後まで全うするためには、足腰の骨を衰えさせないように、OurAge世代からの生活を見直すことが重要です。

 

さあ、強くて美しい骨を手に入れるために、レッスン開始!

 

 

 

骨粗しょう症にならないための骨の健康基礎知識Q&A

 

 

今まで骨の健康について考えたことがありますか? 意外と知らない骨に関する基礎知識。

 

前回に続き、知られざる機能や役割をはじめ、骨の構造や骨質低下の原因など、骨粗しょう症にならないために、知っておきたい疑問に細井孝之先生が答えます。

 

 

 

 

 

Q4

骨の強さは何で決まるのですか?

 

骨の健康を測定するのに、よく耳にするのが骨量(骨密度)ですが、骨の強さはそれだけでなく、骨質も関係しています。骨量は骨にどれだけカルシウムが詰まっているか。これに対して、骨質を左右するのはタンパク質の劣化度。骨の強さはこのふたつで決まります。

 

最近は〝骨質劣化型〞の骨粗しょう症も増えていて、同じ骨量同士で比べると、骨折のリスクが約1.5〜2倍に高まると言われています。つまり、骨量があるのに、骨折しやすい状態。そのため、骨質劣化型が疑われる場合、治療開始のタイミングを少し早める必要があります。

 

 

骨の健康を決める要素は、骨量だけでなく、骨質も関係しています。骨質の低下は骨を構成するアミノ酸の劣化が原因。出典/細井孝之

骨の健康を決める要素は、骨量だけでなく、骨質も関係しています。骨質の低下は骨を構成するアミノ酸の劣化が原因。出典/細井孝之

 

 

 

 

 

Q5

骨質が低下する原因は何ですか?

 

骨の構造はよく鉄筋コンクリートにたとえられます。鉄骨部分はコラーゲンの繊維の束で、その間を埋めるコンクリートがカルシウムです。さらに鉄骨を支えている架橋があり、ここが劣化すると骨質が低下します。

 

その劣化の原因は酸化ストレス、糖化にかかわるAGEs(終末糖化産物)、ホモシステイン(アミノ酸の一種)。糖尿病、慢性腎不全、関節リウマチなどの疾病やビタミンKの不足でも起こります。コラーゲンの束を支える架橋が劣化すると、骨がもろくなるので骨折しやすくなります。Q4で触れましたが、これが〝骨質劣化型〞骨粗しょう症です。

 

 

 

酸化ストレス、糖化にかかわるAGEs、ホモシステインなどの影響で、コラーゲンをくっつけている架橋の劣化で骨質が低下します

酸化ストレス、糖化にかかわるAGEs、ホモシステインなどの影響で、コラーゲンをくっつけている架橋の劣化で骨質が低下します

 

 

 

 

 

Q6

骨が弱るとどんなことが起きるのでしょうか?

 

誰でも年齢とともに骨量は減少しますが、そのスピードには個人差があります。それを決めるのは、遺伝的要因と環境的要因(生活習慣因子)で、生活習慣次第で骨量減少を遅らせることができます。

 

骨量が減り、一定以下になると骨粗しょう症と診断されます。骨がもろくなり、ちょっとしたことで転倒や骨折をすることも。椎骨の圧迫骨折もよくある症状で、こうなると背中が丸くなり、胸や腹部が圧迫されるため、呼吸器や消化器にも影響します。痛みが出たり、動きが制限されるため、寝たきりの原因に。今から生活習慣を改善して、予防することが大切です。

 

 

 

●骨折しやすい部位

 

転倒時に手首(1)、腕の付け根(2)、太ももの付け根(3)などを、また、重いものを持った瞬間に腰椎(4)を傷めたり、圧迫骨折することがよくあります

MyAge_005_039-03_Web用

 

 

 

●骨粗しょう症による圧迫骨折

 

自分の体重を支えられずに、背骨を構成する椎骨が圧迫骨折を起こすことも。楕円の部分が押しつぶされて、変形しています資料提供/細井孝之

MyAge_005_039-04_Web用

 

 

 

 

 

次回から3回に分け、骨粗しょう症の予防策と改善法について、細井先生に教えていただきます。

 

 

 

撮影/小山志麻(細井先生) イラスト/かくたりかこ 取材・原文/山村浩子

 

 

シェア ツイート LINEで送る
第3回
今、知っておきたい骨のこと/「骨の健康基礎知識Q&A②」

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top