HAPPY PLUS
http://ourage.jp/column/doctor_blog/42901/

「眠る力」を取り戻す!③/最適な睡眠時間とは

伊藤若子さん

伊藤若子さん

秋田大学医学部卒業後、旭川医科大学精神科等を経てサウスカロライナ大学へ留学。

2014年より「睡眠総合ケアクリニック代々木」勤務。

「不眠症は治療できます。一人で悩まず気軽に受診してください」。

http://www.somnology.com

「眠る力」を取り戻す、伊藤若子先生のお話しの最終回です。

 

睡眠不足が心身に与える影響は深刻!

ですが、誰もが8時間程度の睡眠をとることが体に合っているとは限らないと

伊藤先生は言います。

 

 

 

眠る力 テディベア

 

 

自己判断で対処せずクリニックで受診を

 

よく、理想的な睡眠時間は8時間だと言われます。

けれども実際は、各自に適した睡眠時間には個人差があり、

年齢や性別、生活環境、季節などによっても変わるのだとか。

睡眠時間が短くても、元気に生活できているなら問題はありません。

 

「眠れないことを気にしすぎて、それ自体がストレスになってしまうと、

余計に眠れなくなります。

最近では、睡眠中に何度も呼吸が止まり、

眠りを浅くする『OSAS(閉塞性睡眠時無呼吸症候群)』にかかる女性も増えています。

眠れないことで日常生活に支障が出ている、

体がつらいと感じる場合は、

自己判断で市販の睡眠改善薬などを服用せず、

できるだけ早いうちに精神科や心療内科、睡眠外来などを

受診することをおすすめします」

 

 

OSASは女性にも増えている!

 

「OSAS(閉塞性睡眠時無呼吸症候群)」は、

睡眠中に何度も呼吸が止まることで、睡眠が浅くなる疾患です。

強い眠気、いびき、起きたときに口やのどが乾いている、

苦しくて目が覚めるなどの症状があり、

最近では女性の患者も増えてきています。

この疾患の怖いところは、高血圧、心筋梗塞、心不全、糖尿病など、

命にかかわる病気の発症に関係していること。

あなたは下のような症状はありませんか?

 

出典/井上雄一監修『睡眠障害で眠れない夜の不安をみるみる解消する200%の基本ワザ』

 

●OSASチェックシート

□ 毎晩大きないびきをかくと言われる
□ 肥満傾向がある
□ 高血圧がある(もしくは血圧の薬を飲んでいる)
□ 昼間、眠い
□ 寝つきは悪くないが、眠りが浅い
□ いくら寝ても、朝、疲れが取れない、すっきりしない
□ いびきといびきの間に呼吸が止まると言われている
□ 集中力がない
□ 朝、起きたときに口の乾きを感じる

 

●判定 あてはまった数はいくつ?

●3つ以下 可能性は低いですが、肥満傾向があったり、

いびきが増える等の変化が表れた場合は要注意です。

●4つ以上 何らかの睡眠障害がある可能性があります。

肥満傾向やいびきがある場合は、OSASの確率はかなり高いです。

 

 

 

 

撮影/板野賢治 取材・原文/上田恵子

撮影協力/プロップス ナウ UTUWAd

今すぐチェック!

ゆらぎ期世代の女性をサポートする理想的なビタミンCの取り入れ方とは?

ゆらぎ期世代の女性をサポートする理想的なビタミンCの取り入れ方とは?

PR
<前の記事

<前の記事
第2回/「眠る力」を取り戻す②/睡眠の質が体に与える影響は?…

次の記事>

次の記事>
第4回/「眠る力」を取り戻す!④/クリニックでの治療は?…

この連載の最新記事

「眠る力」を取り戻す!⑯/安眠グッズ その3

第16回/「眠る力」を取り戻す!⑯/安眠グッズ その3

「眠る力」を取り戻す!⑮/安眠グッズ その2

第15回/「眠る力」を取り戻す!⑮/安眠グッズ その2

「眠る力」を取り戻す!⑭/安眠グッズ その1

第14回/「眠る力」を取り戻す!⑭/安眠グッズ その1

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル