HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/doctor_blog/48076/

足の5大トラブルの原因と治療④足裏やかかとが痛む「足底筋膜炎」

桑原 靖 先生

桑原 靖 先生

「足のクリニック 表参道」院長。埼玉医科大学医学部卒業。

専門は足病外科全般。

「足に問題を抱える患者さんに専門的なケアを提供し、悩みを解決していきます」

「足の診療所」

5大トラブルの原因と治療

 

 

足に問題を抱える患者さんに専門的なケアを提供している「足のクリニック 表参道」を訪れる人に多い5大トラブル、外反母趾、強剛母趾、ハンマートゥ、足底筋膜炎、モートン神経腫。

 

ここでは、その原因や治し方について、桑原 靖 先生に詳しく説明していただきます。

 

今回は、足裏やかかとが痛む「足底筋膜炎」についてです。

 

 

 

 

 

痛みが強い場合は、
氷や湿布などで冷やして

 

 

足のアーチが崩れて足の裏でうまく衝撃吸収ができず、足底筋膜に炎症を起こす疾患を足底筋膜炎といいます。

 

症状としては、起床時の最初の一歩目が最も痛く、歩いているとそれが徐々に消えてくるのが特徴です。ただし、慢性化することで痛みが一日中続くこともあります。

 

「足底筋膜炎の原因には、過回内によるアーチの崩れ以外にも、さまざまなことが挙げられます。例えば土踏まずのサポートが悪い靴や、柔らかい靴を履いていた場合。

 

テニスのように、素早い方向転換など、足に負担をかける動作を繰り返した場合。あとはふくらはぎの筋肉が硬くなっている人、ランニングを習慣にしている人もなりやすいです。特に下り坂や、でこぼこ道を走っている人は要注意です」

 

 

痛い場合は無理をせず、「できるだけ安静にすることが大切」と桑原先生。痛みが強い場合は、15〜20 分、氷でその箇所を冷やしましょう。足裏に湿布を貼ったり、ストレッチでアキレス腱を伸ばすのも効果的です。

 

「クリニックでは、炎症を抑えるステロイド注射のほか、保険適用でインソールを作ることもできますし、ナイトスプリントという道具を使った治療も可能です。また、専用の医療機器を使用した体外衝撃波治療という方法もあります。積極的に医師に相談してみてください」

 

 

 

 

【足底筋膜炎】

足の裏やかかとが痛む

 

 

<症状>
■足の裏やかかとが痛む
■特に朝起きたとき、最初の一歩が痛む

 

<原因>
■過回内など、足の軸の調整不良
■土踏まずのサポートが悪い靴や、柔らかい靴
■素早い方向転換のように、足に負担をかける動作
■ふくらはぎの筋肉が硬直している
■長距離ランニング。特に下り坂やでこぼこ道を走ることで、足への衝撃が繰り返し発生

 

<治療法>
■インソールでの治療
■ストレッチ
■冷却
■手術
■注射
■体外衝撃波治療

 

<自宅でのケア>
■足に合ったサイズの靴を履く
■痛い場合は無理をせず、できるだけ安静に
■アキレス腱ストレッチを習慣にする

 

 

 

 

 

足底筋膜炎のメカニズム

骨格構造の歪みが原因で足のアーチが崩れることで、足の裏でうまく衝撃を吸収できなくなり、足底筋膜に炎症が起きてしまいます。

 

MyAge_006_P030-01_Web用

 

 

 

 

 

 

●インソール療法

足のアーチに合わせて、義肢装具士が製作したインソールを使用します

足のアーチに合わせて、義肢装具士が製作したインソールを使用します

 

 

 

●湿布

足裏の炎症のある箇所に湿布を貼り、痛みの原因となる炎症を沈静化させます

足裏の炎症のある箇所に湿布を貼り、痛みの原因となる炎症を沈静化させます

 

 

 

 

●ナイトスプリント

夜間、足に装着する装具。就寝中に着用し、アキレス腱を伸ばします

夜間、足に装着する装具。就寝中に着用し、アキレス腱を伸ばします

 

 

 

 

●ストレッチ

足指をつかんで甲のほうへ引っ張り、アキレス腱を気持ちよく伸ばします

足指をつかんで甲のほうへ引っ張り、アキレス腱を気持ちよく伸ばします

 

 

 

 

●体外衝撃波治療

衝撃波を疼痛部位に当てることで、痛みを軽減させる治療法。
痛いという刺激が脳へ伝わるのをブロックし、同時に血管の新生を促進して組織を修復させる効果があります。

 

「足の診療所」が、東京都で初めて導入したドイツ製の医療機器。保険適用(3割負担で¥15,000)

「足の診療所」が、東京都で初めて導入したドイツ製の医療機器。保険適用(3割負担で¥15,000)

 

 

 

 

 

 

足のクリニック 表参道

 

 

DATA

東京都港区南青山5-6-24 南青山ステラハウス3F

03-6434-1082

診療時間/10:00~13:30、15:00~19:00

休診日/日曜・祝日・年末年始

診療科目/形成外科、整形外科

 

 

 

 

 

次回は、足指の間に痛みがある「モートン神経腫」の症状と治療法をご紹介します。

 

 

 

イラスト/かくたりかこ 構成・原文/上田恵子

 

今すぐチェック!

ゆらぎ期世代の女性をサポートする理想的なビタミンCの取り入れ方とは?

ゆらぎ期世代の女性をサポートする理想的なビタミンCの取り入れ方とは?

PR
<前の記事

<前の記事
第21回/足のトラブルを防ぐ4つのポイント①アキレス腱のストレッチ…

次の記事>

次の記事>
第23回/足のトラブルを防ぐ4つのポイント②自分に合ったインソールを選ぶ…

この連載の最新記事

「超・足首回し」で全身のコリをリセット!②奥が深い“足首回し”の極意をマスターする

第45回/「超・足首回し」で全身のコリをリセット!②奥が深い“足首回し”の極意をマスターする

「脚&足」のトラブル相談所ガイド⑤ヨーロッパの技術が受けられる老舗フットケアサロン

第44回/「脚&足」のトラブル相談所ガイド⑤ヨーロッパの技術が受けられる老舗フットケアサロン

爪トラブルを解決して足に自信を!④最新の巻き爪矯正治療法について

第43回/爪トラブルを解決して足に自信を!④最新の巻き爪矯正治療法について

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル