老化を加速するインスリンのコントロール法は?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

プロフィール写真

根来秀行教授

1967年生まれ。ハーバード大学医学部内科客員教授、パリ大学医学部客員教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、世界を股に掛け活躍する気鋭の医学博士。

 

いし こんにちは、ぐうたらライターのいしまるこです。ハーバード大教授の根来ドクターに、最新の医学研究で明らかになった成果を応用して、ホルモン年齢を若返らせる生活術を伝授していただいております。
さて、今回のホルモンは、近年注目を集めているインスリンですよ。

 

 

根来 インスリンは血糖値を下げるホルモンです。血糖値とは血液中におけるブドウ糖の濃度。
血糖値を上げるホルモンは数種類あるのですが、血糖値を下げるホルモンはインスリンしかないんですよ。

 

 

いし それってちょっと不思議。どうしてなんですか?

 

 

根来 それはですね、人類が常に飢餓にさらされてきた歴史と関係していて、飢餓に対抗するために、血糖値を上げるホルモンはその必要性が高く、必然的に遺伝子にいくつも組み込まれたんです。

 

 

いし 逆に、血糖値を下げる必要性は少なかった、と。

 

 

根来 ご名答。

 

 

いし でも、現代の先進国では、まったく事情が変わってしまいましたね。
食べ物があふれて、ちょっと油断するとカロリーオーバーになってしまう。

 

 

根来 そうなんです。血糖値の上がりやすい食生活を日常的に続けていると、
インスリンがオーバーワークになり、効きが悪くなったり、枯渇して糖尿病のリスクが高まります。ですから、インスリンを上手にコントロールして、血糖値の上昇に気を配る必要があるんです。

 

 

いし よく言われるのは、血糖値を上げにくい低GI値の食品を積極的に摂ることですよね。

 

 

根来 そうですね。葉野菜やきのこ、果物、肉、魚、海藻、大豆製品、チーズ、ナッツ類などがおすすめです。

Dr.negoro

 

 

根来 あとはアンチエイジングホルモン講座第12回でもご紹介しましたが、食べる順番もポイントです。

 

 

いし 「野菜→たんぱく質→炭水化物」の順ですね!

 

 

根来 そうですね。それと早食いもダメですよ。
前回、食欲ホルモンの話をしましたが、早食いは食欲が満たされる前に食べるので、血糖値の上昇が早くなるんですよ。すると、血糖値を下げるために働く、制御ホルモンであるインスリンがムダに使われることになります。

 

 

いし 早食いはインスリンのムダ遣いというわけですね。

 

 

 

 

さらに、インスリンコントロールに大切な、もうひとつの要因とは!?

シェア ツイート LINEで送る
第19回
老化を加速するインスリンのコントロール法は?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top