HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/doctor_blog/52679/

更年期の乗りきり方⑦/飛田砂織さん(美容皮膚科・抗加齢医学)<後編>

 

素敵女医に聞く更年期の乗りきり方。

飛田砂織さんには、ご自身が考える更年期対策についてうかがいました。

 

 

 

飛田砂織

飛田砂織さん Saori Tobita

45歳・美容皮膚科・抗加齢医学 
健康院クリニック

 

「元気をキープするには、自身の体を把握しておくことも大切です。

私はエイジングスコア(酸化、糖化、有害重金属テスト)、

唾液・尿ホルモン検査、食物アレルギー検査、

マンモグラフィ、乳腺エコーなどを受けています」

 

飛田先生の経緯

 

●30代後半 PMS(月経前症候群)の症状が出る。漢方薬の桂枝茯苓丸加薏苡仁を服用するほか、プラセンタドリンクを。

●43歳 疲れと冷えの症状に対処すべく、ナチュラルホルモンによる総合的なHRTをスタート。

●45歳 ホルモンバランスの検査を受ける。「ナチュラルホルモンによる総合的なHRTでは、

甲状腺ホルモン、DHEA、成長ホルモン、エストロゲン、プロゲステロン、男性ホルモンなどを、

不足状態に合わせて補充していきます。何年続けてもよく、やめるのも自由です」

 

 

自分のライフスタイルに合わせた対策を

 

更年期の対策には、次の3つの段階があると飛田先生。

 

1 食事を工夫し、不足分はサプリで補い、運動など生活習慣を充実させる。

漢方による体質改善。※HRTやエストロゲン類似物質摂取に抵抗がある人。

2 生活習慣を充実させることでベースを整え、

エストロゲン類似物質などをとることで症状をやわらげる。

3 生活習慣を充実させることでベースを整え、

そのうえでHRTを行い、より積極的に更年期と向き合う。

 

「栄養素で補う場合、甲状腺ホルモンを増やすためには

ヨウ素、セレン、亜鉛、ビタミンDなどが有効だと言われています。

ストレスに影響を受ける副腎の調子を高めるには、

ビタミンC・B₅・B₆、亜鉛、マグネシウム。

そしてエストロゲン類似物質として話題なのはエクオールですね。

HRTに比べると効果は小さいですが、

リスクもありません。

3を選択した場合は、更年期症状がやわらぐだけでなく、

骨粗しょう症や動脈硬化、認知症など、

他の効果も得ることができます。

自分はどの方法でいくか、

ライフスタイルに合わせて選ぶことが大切です」

 

 

飛田先生 パクチーとサーモン

「積極的に食べているのは、重金属をデトックスしてくれるパクチー。

抗酸化物質のアスタキサンチンを含むサーモンと一緒に、

亜麻仁油やインカインチオイルでいただきます」

 

飛田先生 フラダンス

「週1度のフラダンスを10年続けています。

足腰の筋肉をゆったり動かすことで、

心地よく汗をかけるのがいいですよ。

心身ともにリフレッシュできます」

 

撮影/小松勇二 取材・原文/上田恵子

お悩み別の記事を読む

子宮
卵巣
がん
痩せる
セルフケア
筋活

今すぐチェック!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

PR
<前の記事

<前の記事
第6回/更年期の乗りきり方⑥/飛田砂織さん(美容皮膚科・抗加齢医学)<前編>…

次の記事>

次の記事>
第8回/更年期の乗りきり方⑧/まのえいこさん(皮膚科)<前編>…

この連載の最新記事

更年期の乗りきり方⑮/更年期、私はこう考える「食を意識する」

第14回/更年期の乗りきり方⑮/更年期、私はこう考える「食を意識する」

更年期の乗りきり方⑭/更年期、私はこう考える「さまざまなプラセンタ療法」

第13回/更年期の乗りきり方⑭/更年期、私はこう考える「さまざまなプラセンタ療法」

更年期の乗りきり方⑬/更年期、私はこう考える「HRT、私の場合」

第12回/更年期の乗りきり方⑬/更年期、私はこう考える「HRT、私の場合」

この連載をもっと見る

Highlights今、気になる!

メイクアップ化粧品をアップサイクル絵具に。「KANEBO」の世界こどもの日に向けたアートイベントを体験してきました

時を戻そう。ほうれい線をドラマティックにメイクアップ! 肌をひっぱるアプローチって何?

親の尿もれ事情って? 旅行を楽しんで欲しいから、娘からの提案

敏感ケアもエイジングケア(※)もしたい! 大人の肌悩みに寄り添うスキンケアって?

PR

マスクをはずしたときの“見た目年齢ギャップ"を減らす「ほうれい線対策メイク」教えます。

冷えてくると「あっ! ちょいもれ!」。冬は尿もれの「ハイシーズン」なんです

今週の新着記事【ランキングトップ10】【50歳からの断捨離®道 】服を処分できない人の言い訳は「痩せたらまた着るかも」「(値段が)高かった」。関係の終わった服は昔のカレみたいなもの。新しい自分になりたければ潔く手放すべし。/他、今週の新着記事ランキング/他、今週の新着記事ランキング

大人髪のトリセツ~白髪からスタイリングまで! ヘアケアお役立ち情報まとめ~

PR

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル