「女性ホルモン」と「更年期」② 更年期なのかな?と思ったらセルフチェックを

プロフィール写真

OurAgeサポーター

MyAge/OurAgeで記事を書いているライターやスタッフで構成。飽くなき追求心で「美&元気をあきらめない!」ための方策をレポート。

「更年期」の基礎知識をお届けする、「女性ホルモン」と「更年期」その②です。
婦人科医の小山嵩夫先生にお聞きします。

更年期なのかな?

と思ったらセルフチェックを!

更年期の目安は45〜55歳、閉経年齢の平均が50歳と言われますが、もちろんどちらも人によって差があります。

40代前半で閉経し、更年期症状に悩む人がいるかと思えば、55歳でも生理がある人もいます。自分の更年期がいつなのか、予想できればいいのですが、初潮がいつか予測できないのと同じで難しいはず。

「それでも、内診や超音波エコーで卵巣の様子を診たり、血液検査で女性ホルモン値を調べることによって、更年期なのかどうか、閉経が近いかどうか、医師は判断することができます。

40代以降で何らかの不調があり、婦人科を受診すると、だいたいその方法で更年期の不調かどうかを診断してくれるものですよ」(小山先生)

 

 

新しいからだバランスへの

移行期でもある更年期

もし今、思い当たる不調があり、更年期だと自覚した人はラッキーです。

症状を積極的に改善したいなら、まずは婦人科へ。専門家の目でも確認してもらうのが理想的。悲観する必要はまったくありません。

そもそも「閉経すれば女でなくなる」などというのは間違い。確かに妊娠はできなくなりますが、脳はしっかり女性を意識しているので、性生活が不可能になるわけでもないのです。

女性ホルモンが少ない状態に体が慣れ、新しいバランスで生きていくための移行期だと、ポジティブに考えましょう!

Key Point

●「更年期」と「更年期障害」は別の言葉です。
● 更年期とは、卵巣の機能が低下していく時期のこと。
● 更年期は閉経前後の10年間=45〜55歳が平均的。

小山先生

■ profile

小山嵩夫先生

婦 人科医。小山嵩夫クリニック院 長。更年期と加齢のヘルスケア学 会および日本サプリメント学会理 事長。専門は内分泌(ホルモン) で、特に女性の更年期に詳しく、 日本のHRTの第一人者。著書に 『遺伝子を調べて選ぶサプリメン ト』『女性ホルモンでしなやか美 人』(ともに保健同人社)、『40歳 であわてない! 50歳で迷わない! もっと知りたい「女性ホルモン」』 (角川学芸出版)など。
小山嵩夫クリニック:http://koyamatakaoclinic.jp

 

<ハスミ>

 

イラスト/かくたりかこ

 

MyAge  2014 Spring好評発売中!ご購入はお近くの書店、もしくはこちらから。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top