若さの鍵は胃腸粘膜にあり!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

プロフィール写真

根来秀行教授

1967年生まれ。ハーバード大学医学部内科客員教授、パリ大学医学部客員教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、世界を股に掛け活躍する気鋭の医学博士。

 

いし こんにちは、ぐうたらライターいしまるこです。
前回に引き続き「胃腸年齢」を若く保つために知っておきたい基礎知識を、根来教授に教えていただきますよ。

 

 

根来 早速ですが、胃腸の若さは3つの要素が大きく影響するんです。
まずひとつめは「胃粘膜」。胃の衰えはココから始まります。

 

 

いし 文字通り、胃の内側をおおっている粘膜ですね。

 

 

根来 はい。胃の内壁は粘膜のひだでおおわれており、1日に約2Lもの胃液を分泌しています。胃液とひとくちに言いますが、主成分は3つ。食べ物を消化・殺菌する胃酸、タンパク質を分解する消化酵素、薄い膜状になって胃粘膜を守る胃粘液です。
胃酸は強力な酸性ですが、胃そのものが胃液に消化されないのは、胃粘液によって保護されているからなんですよ。

 

 

いし 胃液の絶妙なバランスによって、食べ物のみが消化されているんですね。

 

 

根来 ところが胃粘膜が老化してくると、胃液の分泌が減ってしまうんです。

 

 

いし 胃粘膜の老化って?

 

 

根来 健康な粘膜の細胞は1〜2日でターンオーバーしますが、年齢とともに新陳代謝が低下してくると、髪の毛が薄くなるように胃粘膜のひだも、ちびてきて、胃が消化吸収できる範囲が狭まってくるのです。

 

 

いし 頭がハゲるように胃の粘膜もちびてくるの!? とほほ……。

 

胃腸粘膜の比較図

 

 

根来 腸の粘膜も大事ですよ。なかでも注目したいのが「小腸絨毛」。
これが胃腸の若さの決め手となるふたつめの要素です。

 

 

いし 聞き慣れない言葉ですけど、小腸のひだってこと?

 

 

根来 そうです。小腸は十二指腸、空腸、回腸からなり全長6〜7m。内壁には絨毛と呼ばれる長さ約1mmの微小なひだが無数に折り重なり、栄養素はその表面から吸収されるんです。

 

 

いし へぇ〜。栄養吸収のメイン会場になっているんですね。

 

シェア ツイート LINEで送る
第22回
若さの鍵は胃腸粘膜にあり!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top