腸内環境は〇〇〇が教えてくれる!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

プロフィール写真

根来秀行教授

1967年生まれ。ハーバード大学医学部内科客員教授、パリ大学医学部客員教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、世界を股に掛け活躍する気鋭の医学博士。

 

いし こんにちは、ぐうたらライターのいしまるこです。
今回はみなさんの腸のお花畑(腸内フローラ)の様子をうかがい知るために、ぜひ観察してもらいたい〝う〇ち〟についてのお話ですよ。

 

 

根来 うんちですね。

 

 

いし Yessir! みなさま、びろうな話と思うなかれ。うんちにはすごい情報量が含まれているんですから!

 

 

根来 その通りです。ところでいしまるこさん、うんちは何でできているか知っていますか?

 

 

いし 食べ物のカス?

 

 

根来 ブブー、残念でした。そう思っている人が多いのですが、うんちの構成は80%が水分で、残り20%のうち3分の1は腸内細菌、あとは食物繊維やはがれた腸粘膜などです。

 

 

いし そんなに腸内細菌が出ているんですか?

 

 

根来 ハイ。ですから、

うんちを見れば腸内環境がわかる

わけです。

 

 

いし なるほどー。では、「いい」うんちってどんなものですか?

 

 

根来 善玉菌が優勢な「いい」うんちは、匂いもきつくなくバナナ形で黄褐色。ただし、真っすぐ底に沈むうんちは、未消化の食べ物をたくさん含んでいるからで、「いい」うんちではありません。軽く水に浮くのがベストです。

 

 

いし バナナがちょっと顔を出す感じですね。

Dr.negoro_ill

 

 

まだある、「いい」うんちの条件。それは意外にも…?

シェア ツイート LINEで送る
第24回
腸内環境は〇〇〇が教えてくれる!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top