生きた乳酸菌のほうがいいって本当!?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

プロフィール写真

根来秀行教授

1967年生まれ。ハーバード大学医学部内科客員教授、パリ大学医学部客員教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、世界を股に掛け活躍する気鋭の医学博士。

 

いし こんにちは、ぐうたらライターのいしまるこです。
早速、「胃腸のウワサ」を根来教授に徹底検証してもらいますよ。今回のお題は、「やっぱり生きた乳酸菌のほうがいい?」です。

 

 

根来 最近、生きたまま腸に届く腸内細菌〝プロバイオティクス〟 を含むヨーグルトや乳酸菌飲料がたくさん出回っていますものね。

 

 

いし そうなんです。やっぱり生きたまま届くほうがいいイメージがありますが、実際のところはどうなんでしょう?

 

 

根来 死んだ菌でも腸での刺激になりますし、死んだ菌が生きた菌より劣るというデータもありませんよ。

 

 

いし ふうん、そうなんですね。

 

 

根来  それにいくら優秀な善玉菌だとしても、ひとつの種類だけを摂り続けると、その菌が過剰になって腸内フローラのバランスを崩すこともあります。

 

 

いし ほぉ。

 

 

根来 ヨーグルトにしてもチーズにしても、ひとつに決めないで、いろいろな種類を食べて、いろいろな菌を取り入れるようにするといいでしょう。

 

 

いし そのほうが飽きないし、習慣化できそう。

Dr.negoro_ill

いろいろな種類のあるチーズ。食べることも楽しんで!

 

 

シェア ツイート LINEで送る
第29回
生きた乳酸菌のほうがいいって本当!?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top