OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/doctor_blog/69489/

美腸ケア②腸の働きと健康を再チェック!/あなたの腸年齢は?

美腸ケア2

45歳を過ぎたら、生活の見直しが必須!

衰えていない? あなたの腸年齢!

 

 

栄養吸収だけじゃない!

ここでは、腸の多岐にわたる働きと、腸の健康を保つことの重要さを再チェック!

 

 

 

 

 

教えていただいたのは

 

辨野義己さん Yoshimi Benno

MyAge_008_P048-02_Web用

理化学研究所イノベーション推進センター辨野特別研究室特別招聘研究員。

『腸を整えれば病気にならない』著

 

 

 

藤田紘一郎さん Koichiro Fujita

藤田紘一郎先生

東京医科歯科大学名誉教授。感染免疫学等の専門。免疫、伝染病研究の第一人者。

腸に関する著書多数

 

 

 

 

 

OurAge世代の腸活が
その後の人生を決める!

 

 

腸の働きは食べたものを分解・吸収するだけではありません。

「侵入してくる病原菌を追い出す免疫機能を司ったり、ビタミンやホルモンの合成、セロトニンやドーパミンなどの幸せホルモンのもとも作っています」(藤田紘一郎先生)

 

感染症もアレルギーも、うつ病などの心の病気まで、腸の働きが関係しているのです。

 

腸内には3万種類以上、1000兆個以上の腸内細菌が棲息していて、これを腸内フローラと呼んでいます。これは一人一人違い、この環境を整えておくことが、健康維持に欠かせません。

 

「特に45歳を過ぎた頃から、エネルギーを生成して体を動かすシステムが変化します。瞬発力に優れ、子作りに適した解糖エンジンから、持久力があり、長生きに適したミトコンドリアエンジンに変わるのです。そのためこの時期から、長生きエンジンを上手に稼働させることが大切になってきます」

 

そのミトコンドリアが最も多く存在しているのが腸! メインエンジンの切り替えに合わせて、OurAge世代のうちに、腸の健康を保つ食事や生活スタイルへと上手にシフトすることが、これからの人生、老後の健康を左右することになります。

 

 

 

 

辨野博士の 腸年齢 CHECK LIST

 

大腸の環境がよければ、がんや肥満からうつなど精神的疾患も防げることがわかりました。そこで今、自分の腸の老化状況を知るために、今回は辨野義己先生に腸年齢のチェック法を伺いました!

 

辨野先生

 

 

あなたはどれだけ当てはまる?

 

□朝は慌ただしい
□朝食をとらない
□食事時間が不規則
□肉過多で野菜が不足しがち
□お酒が大好き
□発酵食品をあまりとらない
□週に4日以上外食する
□圧倒的に運動不足

□つねにストレスを感じる

□基本的に睡眠不足
□肌の衰えが気になる

□タバコを吸う

□うんちが硬くていきむ

□いつも残便感がある

□うんちが少量でコロコロ
□時々下痢をする
□うんちが便器に沈む

□うんちが黒っぽい
□おならが臭い
□うんちが臭い

 

 

現代人の腸内環境は悪化しています。特に女性は慢性的な便秘に悩む人が多く、こうした場合の腸内環境は最悪。実年齢と腸年齢とは大きく隔たりがあり、中には20代なのに腸年齢は80歳というケースも少なくありません。

 

腸内環境を悪化させる要因は、過度なストレス、偏食、不規則な生活、運動不足。そして極端なダイエットや食事を菓子ですませてしまうなど、ちゃんとした栄養をとっていない人も要注意!

 

このチェックで、あなたはいくつ当てはまりますか? チェックが多いほど、腸内は老化しています!

 

気になる判定は、次ページに!

あなたの腸年齢はこれ!

 

 

A チェックが4個以下

実年齢+5~年齢以下

 

0個の人の腸は若くてピチピチ! 4個以下の人はまずまずの状態です。

腸にいい今の生活をぜひともキープしてください。油断は大敵です

 

 

B チェックが5~9個

実年齢+10歳

 

これ以上老化が進まないように注意が必要です。

このままだと、あっという間に腸は老けてしまいます。できるところから生活改善を!

 

 

C チェックが10~14個

実年齢+20歳

 

腸の老化が坂道を転がり落ちる勢いで進んでいます。

今すぐに生活を見直して、腸が喜ぶ習慣を身につけることが何より先決です

 

 

D チェックが15以上

実年齢+30歳

 

腸の中はヨボヨボの老人状態です。このままだと病気になるのも目の前。

今すぐ生活改善をしないと、大変なことになってしまうかも

 

 

 

 

 

次回は、辨野先生と藤田先生のお2人に、腸の基礎知識について教えていただきます。

 

 

 

撮影/小山志麻 取材・原文/山村浩子

 

<前の記事

<前の記事
第3回/美腸ケア①「腸」に関する最新情報/リーキーガット症候群の恐怖…

次の記事>

次の記事>
第5回/美腸ケア②腸の働きと健康を再チェック!/腸美人になる「腸」の基礎知識…

この連載の最新記事

美腸ケア14  大腸がんが予防できると話題の「タバタ式トレーニング」でがんを撃退!②

第45回/美腸ケア14 大腸がんが予防できると話題の「タバタ式トレーニング」でがんを撃退!②

美腸ケア14  大腸がんが予防できると話題の「タバタ式トレーニング」でがんを撃退!①

第44回/美腸ケア14 大腸がんが予防できると話題の「タバタ式トレーニング」でがんを撃退!①

美腸ケア13  予防と早期発見が大事な「大腸がん」にならないために、今からできること②

第43回/美腸ケア13 予防と早期発見が大事な「大腸がん」にならないために、今からできること②

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル