自律神経の老化で免疫も低下する!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

プロフィール写真

根来秀行教授

1967年生まれ。ハーバード大学医学部内科客員教授、パリ大学医学部客員教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、世界を股に掛け活躍する気鋭の医学博士。

 

いし こんにちは。ぐうたらライターのいしまるこです。
根来教授の自律神経講座ですよ。予告通り、今回は自律神経と免疫の関係について、教えていただきます。

 

 

根来 みなさん、ご機嫌いかがですか。根来秀行です。
自律神経のバランスは、免疫機能のバランスに大きく影響するんですよ。

 

 

いし 年とともに、交感神経が優位になりすぎる傾向があるということでしたが、免疫にはどんな影響があるんですか?

 

 

根来 交感神経優位のときには細菌と戦う顆粒球が増えるんです。ところが、交感神経が優位になりすぎて顆粒球が増えすぎると、自分自身の組織を攻撃し、フリーラジカル(活性酸素)を発生させてしまうのです。

 

 

いし フリーラジカルは、体をサビつかせる老化の元凶ですよね。

 

 

根来 はい。一方、副交感神経優位のときはウィルスやがん細胞と戦うリンパ球が増えます。

 

 

いし 異物と戦う、いわゆる抵抗力がつくわけですね。

 

 

根来 ですね。ところが、副交感神経が優位になりすぎてリンパ球が増えすぎると、かぜやアレルギーを引き起こしやすくなるんです。

Dr.negoro_photo

 

 

いし なるほど〜。では自律神経のパワーを底上げし、バランスよく働かせるにはどうすればいい?

 

 

 

 

その方法は次のページでご紹介。そして根来教授から重大発表が…!?

 

シェア ツイート LINEで送る
第32回
自律神経の老化で免疫も低下する!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top