作り笑いで自律神経を整える!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

プロフィール写真

根来秀行教授

1967年生まれ。ハーバード大学医学部内科客員教授、パリ大学医学部客員教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、世界を股に掛け活躍する気鋭の医学博士。

 

いし こんにちは。ぐうたらライターのいしまるこです。

引き続き、自律神経年齢を若返らせるセルフケアを特集していきます。みなさまから寄せられた自律神経の不調によるさまざまな症状を解決すべく、根来教授に処方箋を出していただきますよ。

 

 

根来 みなさん、ごきげんいかがですか? 根来秀行です。
さて、今回はどんなお悩みですか?

 

 

いし 今回のお悩みは愛知県名古屋市にお住まいのY子さん。
「最近、なんだか気が滅入って、人に会うのが億劫で引きこもりがちです…」とのお悩みです。ありますよね〜、そういう時期。仲のいい友達にも会いたくないんです。では根来教授、処方箋をお願いします!

 

 

根来 はい。Y子さんへの処方箋は

「昼間のリズム運動+スマイル」

です。

 

 

いし おっ、あわせワザですね。まず、昼間のリズム運動とは?

 

 

根来 うつっぽいときはバランスが乱れているだけでなく、自律神経そのもののパワー自体も落ちています。そんなときは、昼前後、太陽が出ているときに、散歩程度のリズム運動でいいので体を動かしてみてください。
昼間に交感神経と一緒に自律神経のトータルパワーもアップするため、夜になると自然に副交感神経が優位になってきます。
Dr.negoro_photo

 

 

いし ほほん。すると夜の質のよい睡眠につながるというわけですね。

 

 

根来 その通り。わかってきましたね、いしまるこさん。

 

 

いし ふふん。もうひとつのポイント、「スマイル」というのは?

 

 

 

 

次のページへ続きます。

シェア ツイート LINEで送る
第36回
作り笑いで自律神経を整える!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top