素敵女医の美白・美肌対策!④肌のバリア機能を壊さないケアが大事/水野寿子さん

プロフィール写真

水野寿子さん

53歳・皮膚科・形成外科
旭川皮フ形成外科クリニック

徹底レポート!

素敵女医の美白・美肌対策!

 

 

テーマである美白・美肌について取材した中で、特に多角的なアプローチをしていた6名の方々に、日頃から実践していることを詳しく伺いました。

 

今回は、肌のバリア機能を壊さないようなケアを心がけている水野寿子さんの「美白・美肌」対策をご紹介します。

 

 

 

 

 

肌のバリア機能を壊さぬよう注意!

 

 

「徐々にハリが失われていく中高年女性の肌。イキイキとした元気な肌に近づけるには、女性用男性ホルモンのクリームを塗布するのが有効です。外出の際に日焼け止めを塗るのはもちろん、専用のサプリメントを飲み、内と外の両方からのUVケアもしています。また、肌の乾燥は紫外線の防御能力を低下させるので、肌のバリア機能を破壊しないためにも、界面活性剤を使用した石鹼で洗いすぎない、肌をこすらない、しっかり保湿する、を心がけています。保湿にオゾン化オイルを使用すると、抗酸化力のアップも期待できます。UVケアは大事ですが、朝起きたら太陽光を浴びて体内時計をリセットすることも習慣に」

 

 

 

MyAge_009_102-04水野寿子さんアイテム

 

(右)

■[男性ホルモン]■

クリーム状の男性ホルモンを塗布してハリをキープ

 

男性ホルモンの低下からコラーゲンの生成が減り、ハリを失うOurAge世代。塗布するタイプの女性用男性ホルモンクリーム。

AndroFeme( 50㎖)¥45,000/旭川皮フ形成外科クリニック

 

 

(中)

■[飲む日焼け止め]■

体の中から紫外線をブロック。飲むUVケアサプリ

 

内側からもUVケアできる、飲む日焼け止め。紫外線を浴びる30分前に1カプセルを服用。効果は4~6時間持続する。

ヘリオケア(30錠)¥8,000/旭川皮フ形成外科クリニック

 

 

(左)

■[オゾン化オイル]■

全身に使える真空ボトル入りオゾン化オリーブオイル

 

オゾンの殺菌作用とオリーブオイルの不飽和脂肪酸、およびビタミンEの効果で、肌と粘膜を保護して健康に。
Ozolife EX オリーブオイル(50㎖)¥6,900/旭川皮フ形成外科クリニック

 

 

 

 

 

次回は、予防よりも補うことを意識しているという、坂本紗有見さんの美白・美肌対策をご紹介します。

 

 

 

撮影/ケビン・チャン スタイリスト/森ゆう子 取材・原文/上田恵子

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top