更年期を熟知した素敵女医座談会④正しい知識を持ち、自ら更年期対策を選ぶことが大事


婦人科ドクター×アンチエイジングドクター座談会

 

更年期を熟知した素敵女医による

更年期とホルモン治療の今

 

 

知っているようで意外に知らない更年期のあれこれと、昨今のホルモン治療。 3人の女医に語っていただいた、ご自身の体験も含めた対処法と最新情報などを4回に分けてご紹介。

 

座談会最終回の今回は、正しい知識を持って自ら選んだ更年期対策をすることが大事、というお話です。

 

 

 

 

土屋眞弓さん Mayumi Tsuchiya

myage_010_087-土屋眞弓さん

54歳 産婦人科・美容皮膚科

土屋産婦人科

 

50歳/閉経後、肌トラブルが。

52歳/夫が急逝。夫婦で運営していた病院の院長にも就任。精神的不調に。

53歳/精神症状はほぼ解消。

 

 

 

まのえいこさん Eiko Mano

myage_010_087-まのえいこさん

62歳 皮膚科・美容皮膚科

マノメディカルクリニック

 

50歳/成長ホルモンを注射。

51歳/声枯れ、過呼吸などの症状が現れ、抑うつなどの精神症状に発展。

52歳/エストロゲンで自分を取り戻す。

 

 

 

飛田砂織さん Saori Tobita

myage_010_087-飛田砂織さん

47歳 美容皮膚科・抗加齢医学

クリニックシュアー銀座

 

30代後半、PMSに悩む。漢方薬などで対処。

43歳/疲れと冷えの症状改善のため、

ナチュラルホルモンを使ったホルモン補充療法を開始。

 

 

 

 

 

S-Joy’s hormone method

女性の機能を司る

大切なエストロゲン

 

 

まの 私はエストラーナテープを愛用していました。

 

土屋 エストロゲンの貼り薬ですね。エストラーナテープを使っている人は、黄体ホルモンだけの貼り薬や塗り薬はないので、最後の10日間で錠剤の合成黄体ホルモン剤を飲んで、子宮内膜をはがす必要があります。

 

まの 私は時々しか貼っていなかったので、黄体ホルモンもほんの少ししか飲みませんでした。でもそれは、私が医師だから(笑)。患者さんは、主治医の指示通りに飲むべきです。

 

土屋 黄体ホルモンを飲んでいない場合は、経腟超音波で内膜の厚さをチェックし、定期的に細胞診をすることが大切です。不正出血などの症状がなければ、婦人科検診・乳がん検診は年に1回で。ガイドライン的には、HRTの継続は5年までとなっています。それを過ぎると、乳がんのリスクが少し上がりますよと。とはいえ、「多少リスクはあっても快適に過ごせるほうがいい」と、60歳を過ぎてもHRTを続けている婦人科の先生もいらっしゃいます。

 

まの そう、骨が丈夫になるからって。脳にもエストロゲン。海馬によい影響を与えるという説もあるとか。

 

土屋 ガイドラインを見る限りでは、アルツハイマー病や精神神経症状への有効性はさほど高くはないのですが、効果はあると思います。漢方薬や西洋薬で補うこともできますし。エストロゲンには血管の壁を柔らかくしたり骨を丈夫にしたりと、ほかにもいろいろな働きがあります。

 

まの 私なんか散々、高価なサプリメントにお金をつぎ込んだあげく、最後はエストラーナテープ1枚で解決しちゃった(笑)。今でも時々、黄体ホルモンを使わなくてすむ程度に貼っているくらいです。

 

 

 

次ページへ続く→

 

シェア ツイート LINEで送る

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top