HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/doctor_blog/93580/

最新の歯科ケアは北欧式に注目!③細菌と虫歯

辻村 傑

辻村 傑

1968年生まれ。歯科医。つじむら歯科医院グループ総院長。神奈川歯科大学大学院卒業後、アメリカで最先端歯科、フィンランドで予防歯科を学ぶ。患者の健康を守り育てる歯科医を目指し、予防に力を入れ、抜かない温存治療に定評。口コミで広がり、日本中から患者がやって来る

 

つじむら歯科医院
神奈川県伊勢原市小稲葉2204-1
☎0463-95-8214
www.tsujimurasika.com/

治療に行くとさっさと歯を抜かれていない? もしかしたらその歯、抜かなくてもいいかもしれません。今回は北欧式の口内環境に合わせたデンタルケア、最近の歯周病治療などについてご紹介します。

デンタルIQ 北欧ケア

 

細菌を調べて的確なケアが必要!

「食後すぐの歯磨きが必要か? その答えは…虫歯菌が少なく、唾液の中和力が高い人は、食直後5分もかからずに酸性から元の弱アルカリ性に戻るので、すぐに磨く必要はありません。しかし、虫歯菌が多く、中和力が低い人は、すぐに歯磨きをしたほうがいいでしょう。

 

また、フッ素入りの歯磨き粉や歯科医院でのフッ素塗布は、虫歯リスクが高い人にとても有効。歯の再石灰化を促し、酸から歯を溶けにくくする効果が。ただ、リスクが低い人には不要。このように、ケア方法も人により変わってきます」(辻村傑先生)

 

ほかに、虫歯リスクは食事習慣も関係しています。飲食する回数が多いほど、口の中が長く酸性に傾くため、リスクが高まります。甘い物を食べるなら食直後にして、全体の回数を減らし、ダラダラ飲食もNG!

 

歯周病治療では、全国約35医院で導入している「トータルヘルスプログラム」が高い効果を上げています。歯周病菌の組成やガス、歯周精密検査などで、科学的にリスクを把握して、殺菌・組織の再生を促しながら、プラークや歯石の除去を徹底。口腔内細菌叢の環境をリセット&管理して根本治療を行います。

 

今後の歯の健康を考えると、精密根管治療や口腔内環境検査、歯の病気予防まで考えてくれる歯科医を選ぶのが得策。今まで、抜くしかないと言われた歯も温存できるかも。

 

 

 

 

次回からは「MyAge/OurAge世代にうれしい歯列矯正」をご紹介します。お楽しみに!

 

 

 

 

撮影/中川十内 イラスト/内藤しなこ 構成・原文/山村浩子 撮影協力/つじむら歯科医院

今すぐチェック!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

PR
<前の記事

<前の記事
第15回/最新の歯科ケアは北欧式に注目!②意外!フィンランド歯磨き事情…

次の記事>

次の記事>
第17回/MyAge/OurAge世代にうれしい歯列矯正/前篇…

この連載の最新記事

まだまだ知らないことだらけ? これだけは知っておきたいQ&A /後編

第24回/まだまだ知らないことだらけ? これだけは知っておきたいQ&A /後編

〈歯〉まだまだ知らないことだらけ? これだけは知っておきたいQ&A /前篇

第23回/〈歯〉まだまだ知らないことだらけ? これだけは知っておきたいQ&A /前篇

進化形の義歯ならナチュラルでしっかり噛める/後編

第22回/進化形の義歯ならナチュラルでしっかり噛める/後編

この連載をもっと見る

Highlights今、気になる!

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル