HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/doctor_blog/94252/

MyAge/OurAge世代にうれしい歯列矯正/前篇

高 大松

高 大松

1963年生まれ。日本矯正歯科学会認定医。日本成人矯正歯科学会矯正歯科専門医。大松矯正歯科クリニック院長。歯学博士。明海大学大学院修了。明海大学歯学部歯科矯正学講座入局。1993年に矯正歯科専門クリニック開設。その後、デイモンシステムと出合い技術習得し、治療法をすべて切り替えて自然派矯正を実践する

 

大松矯正歯科クリニック
東京都豊島区池袋2-13-2 金子園ビル3F
☎03-6912-7200
www.4180.jp/

年齢とともに歯に隙間ができた、昔からコンプレックスだった悪い歯並びが気になる…。そんな人に朗報! 大人に優しい矯正が可能に。

デンタルIQ 歯列矯正 イメージ

デンタルインテリア/デンタルフィット

 

 

優しい力で確実に
動かす新型矯正に注目!

 

歯列矯正をしたいと思いながら、痛いのはイヤだし、装置が目立つのも憂鬱と、踏み切れないでいる人も多いのでは?

 

「実はアメリカの研究で、強い力をかけなくても歯は動くということがわかってきました。その理論に基づいた、優しい力で矯正する痛みのない最新治療が、自然派矯正『デイモンシステム』とマウスピース矯正です」(高大松先生)

 

歯列矯正のメカニズムは、歯と骨の間にある歯根膜に持続的な力を加えることで、まわりの血管や神経が圧迫され、それが信号となって、骨の代謝が起こり、徐々に歯が動くというもの。

 

「今までは強い力が必要と思われていたのですが、ほんの少しの力でも、“押されている”と感知すれば歯は動きます。むしろ強すぎると、血流が悪くなり、動きが遅くなります」

 

「デイモンシステム」のポイントは進化形の装置にあり! 柔らかい極細のワイヤーと摩擦抵抗の少ない特殊ブラケットで全部の歯に力を加えていくことにより、最小限の力で効率よく歯を動かします。

 

「歯の状況により、マウスピース矯正で対応することも。これらにデジタル技術を組み合わせて、3D画像で歯の動きをシミュレーション。治療スタートから最終的な仕上がりまでが確認できる、大人世代に優しい矯正システムです」

 

 

 

 

次回は「デイモンシステム」を使用した治療法について、具体的にご紹介します。

 

 

 

 

撮影/中川十内 構成・原文/山村浩子

今すぐチェック!

ゆらぎ期世代の女性をサポートする理想的なビタミンCの取り入れ方とは?

ゆらぎ期世代の女性をサポートする理想的なビタミンCの取り入れ方とは?

PR
<前の記事

<前の記事
第16回/最新の歯科ケアは北欧式に注目!③細菌と虫歯…

次の記事>

次の記事>
第18回/MyAge/OurAge世代にうれしい歯列矯正/後篇…

この連載の最新記事

まだまだ知らないことだらけ? これだけは知っておきたいQ&A /後編

第24回/まだまだ知らないことだらけ? これだけは知っておきたいQ&A /後編

〈歯〉まだまだ知らないことだらけ? これだけは知っておきたいQ&A /前篇

第23回/〈歯〉まだまだ知らないことだらけ? これだけは知っておきたいQ&A /前篇

進化形の義歯ならナチュラルでしっかり噛める/後編

第22回/進化形の義歯ならナチュラルでしっかり噛める/後編

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル